遠くの町と手としごと―工芸三都物語

  • 62人登録
  • 4.08評価
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 三谷龍二
  • アノニマスタジオ (2009年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586850

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 龍二
高山なおみ
菊池 亜希子
赤木 明登
川島小鳥
村上 春樹
佐藤雅彦
伊藤 まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

遠くの町と手としごと―工芸三都物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 工芸家?三谷龍二氏のエッセイ集。こんなスローライフに憧れます。お店は長野だそうで、その方面へいったときは是非立ち寄りたいです。
    http://www.mitaniryuji.com/

  • 人の手でつくられていくモノ。
    そこに込められた想いと歴史。
    その温かさが伝わってきます。

  • p136「僕にとって駅は、旅と日常が接する場所でした。」

  • 木工デザイナー三谷龍二が、作り手と生活者のふたつの目で、みずから過ごした街を訪ね見つめる、手仕事の「これまで」と「これから」。おだやかな雰囲気をたたえた良書。

  • 木工デザイナー・三谷龍二さんが、ゆかりの地、福井、京都、松本の工芸を、作り手と生活者のふたつの目線で探ります。暮らしの道具をつくる職人たちの手しごとの「いままで」と「これから」とは。

全5件中 1 - 5件を表示

遠くの町と手としごと―工芸三都物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遠くの町と手としごと―工芸三都物語の作品紹介

木工デザイナー三谷龍二が、作り手と生活者のふたつの目で、みずから過ごした街を訪ね見つめる、手仕事の「これまで」と「これから」。

ツイートする