街と山のあいだ

  • 60人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 若菜晃子
  • アノニマ・スタジオ (2017年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877587673

街と山のあいだの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20180112 山が好きだという思いが行間にあふれている。ここのところ体調を理由に山にも行ってないが又行きたい気持ちにさせてくれた。近くて低い山でも自分の接し方次第で楽しめるということがこの本の教えだったと理解して、ノートと鉛筆を持って行ってみようと思う。

  • 自然と対峙することにより
    湧き出る感覚、
    敬意、悦び、畏怖、
    そういったものに気づける人でありたい

  • ■若菜晃子 『街と山のあいだ』刊行記念トークイベント
    2017年12月15日(金)19:30~21:00
    Calo Bookshop & Cafe
    http://www.calobookshop.com/

    アノニマ・スタジオのPR
    人生に、山があってよかった。
    登山の専門出版社を経て、編集者・文筆家として活躍する著者による初の随筆集。山にまつわる記憶や体得してきた思想を、情緒豊かにまっすぐに綴ります。四季にわたる山行記やよく登る山、道具の話など、細やかなエピソードに彩られた59篇。山が好きな人も山に憧れる人も、自然を近しく感じられる一冊です。
    http://www.anonima-studio.com/books/essay/machi-yama/

全3件中 1 - 3件を表示

若菜晃子の作品

街と山のあいだはこんな本です

街と山のあいだを本棚に「読みたい」で登録しているひと

街と山のあいだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする