ケイゾク/小説 完全版

  • 189人登録
  • 3.83評価
    • (21)
    • (26)
    • (31)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 光進社 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877610357

ケイゾク/小説 完全版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 捜査一課が音を上げた迷宮入り事件を建前上
    「捜査鋭意継続中」の構えで作られた部署「ケイゾク」。

    未解決事件のファイル収納倉庫の中にある
    静かでだらしない時間が流れる警視庁捜査一課弐係。

    東大卒で、9歳の頃から迷宮入り事件をスラスラと
    解決してしまう頭脳の持ち主にして変人「柴田」。
    辛い事件を抱え、自分が死ぬための狩りを続ける男「真山」。

    難事件の陰で複雑に巡らされた糸と闇の
    点と点が合わさっていく面白さにぐいぐい惹きこまれる。

    人の記憶や感情の脆さ。
    家族を殺され、誰も信用できず、
    すべてを疑い苦しんできた人たちの想い。

    人が人を想い、人が人を憎む。
    交錯する無数の思い、無数の罪、無数の罠
    夢と現実、生と死の狭間で最後に残る想いの断片。

    西荻さんの世界はいつも中毒性を孕んでいて蠱惑的!

  • ドラマが好きすぎて買いました。

  • 【538】

    登録忘れ。
    ドラマ見たい。

  • 最後の方はどうなんだろう?
    読み切れなかった。

  • ドラマをレンタルして観たので読んでみた。

    ドラマではわかりにくかった場面や台詞が理解できた。
    特に、彩と斑目の関係。そういうことだったのか。

    第十二章の登場人物たちの家族から語られる、それぞれの日常が面白かった。
    柴田のお母さん天然過ぎる…。

    最後、消えたのは彩?どうなったんだろう。

  • ケイゾクは、かなり好きなドラマのひとつでもあり、そのドラマのノベライズ。
    一応、推理もののサスペンスだけれども、それよりも主人公を取り巻く周りの刑事一人一人の個性や背景がとても面白い。
    最終的には、この話はまだ終わっておらず、まだ続きがあるというか、続きを書いて欲しい。
    是非、ドラマも見ていただきたい作品。

  • ドラマも小説も良い!!

  • “あの~犯人わかっちゃったんですけど…”

    天才KY刑事といえば柴田純
    このキャラの立ち方は個人的に冬彦さんに匹敵すると思います
    (きっと若者には“冬彦さん”は通じないんでしょうけど…)

    推理小説としてのクオリティはさておき、
    警察を舞台とした人間交錯劇としてはとても面白いと思います

    中谷美紀さん、渡部篤郎さん、竜雷太さん、野口五郎さん、泉谷しげるさんなど
    キャストがイケてい過ぎるので本<ドラマにはなってしまいますが…
    あと、何回読んでも最後泣いちゃいますね…
    真山さんはやっぱりカッコイイです

  • 放送中のドラマ「SPEC」の関連ドラマのノベライズということで読んでみた。ストーリーは面白かったが、台本っぽくっていまいち集中できなかった。ドラマは観てないので配役とのギャップも気になった。ドラマ観ればスッキリするんだろうけど。再放送しないかなー。

  • 踊る大捜査線の勢いがまだまだ衰えない昨今ですが
    自分の中では警察物はケイゾクのほうが好きです。
    青島もかっこいいが柴田のかっこよさにはかなわない。

    完全版と謳いつつ、抜けている話(本編とは関係のないエピソード)があり、少し残念。
    どうせなら入れてほしかった。

全19件中 1 - 10件を表示

ケイゾク/小説 完全版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケイゾク/小説 完全版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケイゾク/小説 完全版の作品紹介

本篇では解き明かされなかった数々の謎が今、ひとつになり真実が姿を現す。迷宮入り事件のみを扱う警視庁捜査一課弐係。IQ199東大卒の警部補・柴田純、元特殊捜査班の真山徹を中心に風化した難事件を呼び起こしていく。「特別篇」と未発表の「断片化された無数の想い」を加え新たに書き下ろした1冊。深まる謎の数々。秘められた過去は少しづつ彼らの人生を浸食していく。

ツイートする