成功哲学

  • 414人登録
  • 3.62評価
    • (33)
    • (29)
    • (63)
    • (4)
    • (4)
  • 28レビュー
制作 : 田中 孝顕 
  • きこ書房 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877710170

成功哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔から、ナポレオンヒルの本は読みたいと思っていたけど、いつでも読めると思って来て今に至ってしまった。
    でも、それがかえって良かったと思う。
    若い頃の僕では、きっと理解出来なかった。
    心の平安を求める事の重要性なんてわからなかった。
    今も理解しているとは言えないけど、少なくとももっと積極的に仕事に取り組むことができそうな気がしてきた。

  • ナポレオン・ヒルの著書をいつか読んでみようと思い、初めて手を取った一冊。他の著書を先に読めばよかったのかもしれないが、書いてあることを素直にそのまま受け入れられなかったというのが正直な感想。どうしても偽善や理想論に思えてしまう。内容に説得力や共感を感じられなかった。様々な人のエピソードを交えているが、事実だけが述べられていて、その背後で働く原理などが深く語られていない。なので「はぁ、そうですか」というような醒めた気持ちしか持てなかった。もう少し年を取って様々経験した後に読み返してみようかなぁと思う。

  • 以前勤めていた会社の社長から薦められた本。
    当時は、本屋で少し立ち読みをしただけだったが、
    転職してから5年くらい経って、ふと読んでみようと思って買ったら、凄い。どんどん自分の中に入ってくる。

    本には、人それぞれ、読むべきタイミングがあると思う。

  • 大学1年の時に読んで、とっても影響を受けた本です。
    「人にやってほしいことを人にやりなさい」
    「思考は現実化する」

    自己啓発の本って共通する内容が多いかと思いますが、
    ここに書いてあることが自己啓発の中でもベースとなっているような気がします。

  • 自己啓発書の古典。もっと若いときに読んでおきたかった!

    就職、転職、独立など人生の転機に備えて読んでおく本です。

  • 品川Lib

  • 逆境の中には、全て、それ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている。

    社会人になって、逆境を楽しめるようになりました。「どうにもならない。」ではなく、「じゃあ、どうしようか?」と考えれば、そこそこ充実します。

    それと、「代償の法則」ですか。残念ながら、他人に奉仕できるほど立派な人間ではありません。自分に余裕がない証拠ですかね。
     

  • 心の平安に重点をおいて書かれています。
    ノウハウよりも考え方が学べます。

  • 「思考は現実化する」の20年以上後に刊行されたため、さらに一歩踏み込み、全般的に網羅された内容になっているようだ。
    読むタイミングが合致した人には、素晴らしい本になる。

  • 穏やかに内側の捉え方をモチベートする物語。

    スペシャルな事例物語を通して、
    その”哲学”、ミカタをまとめている。

    感じることは、読み手の状況やステージによって
    その捉え方は変わるだろうこと。

    藁をもつかむとき、
    十分に満たされているとき、
    その読み方の違いは大きく違うだろう。

    できれば、少なくとも自信がニュートラルな状況のときに開いてみることをお勧めしたい。

    また、ナポレオンヒルのプログラムの紹介であることは否めず、
    誘導されている感はぬぐえない。

    ひねくれた、内側の否定的な感情が起こることがある。

    今の時点で、
    すっきりと読みきれるものではない部分が多く、(受け取れるかということ)
    いつの日か、また読み直してみようかとおいておくことにした一冊。

全28件中 1 - 10件を表示

ナポレオン・ヒルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
松下 幸之助
ナポレオン ヒル
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
ジェームス W....
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

成功哲学に関連するまとめ

成功哲学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする