成功哲学

  • 412人登録
  • 3.62評価
    • (33)
    • (28)
    • (63)
    • (4)
    • (4)
  • 28レビュー
制作 : 田中 孝顕 
  • きこ書房 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877710170

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
ジェームス・スキ...
ジェームス W....
トニー・ブザン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

成功哲学の感想・レビュー・書評

  • 昔から、ナポレオンヒルの本は読みたいと思っていたけど、いつでも読めると思って来て今に至ってしまった。
    でも、それがかえって良かったと思う。
    若い頃の僕では、きっと理解出来なかった。
    心の平安を求める事の重要性なんてわからなかった。
    今も理解しているとは言えないけど、少なくとももっと積極的に仕事に取り組むことができそうな気がしてきた。

  • ナポレオン・ヒルの著書をいつか読んでみようと思い、初めて手を取った一冊。他の著書を先に読めばよかったのかもしれないが、書いてあることを素直にそのまま受け入れられなかったというのが正直な感想。どうしても偽善や理想論に思えてしまう。内容に説得力や共感を感じられなかった。様々な人のエピソードを交えているが、事実だけが述べられていて、その背後で働く原理などが深く語られていない。なので「はぁ、そうですか」というような醒めた気持ちしか持てなかった。もう少し年を取って様々経験した後に読み返してみようかなぁと思う。

  • 以前勤めていた会社の社長から薦められた本。
    当時は、本屋で少し立ち読みをしただけだったが、
    転職してから5年くらい経って、ふと読んでみようと思って買ったら、凄い。どんどん自分の中に入ってくる。

    本には、人それぞれ、読むべきタイミングがあると思う。

  • 大学1年の時に読んで、とっても影響を受けた本です。
    「人にやってほしいことを人にやりなさい」
    「思考は現実化する」

    自己啓発の本って共通する内容が多いかと思いますが、
    ここに書いてあることが自己啓発の中でもベースとなっているような気がします。

  • 自己啓発書の古典。もっと若いときに読んでおきたかった!

    就職、転職、独立など人生の転機に備えて読んでおく本です。

  • 逆境の中には、全て、それ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている。

    社会人になって、逆境を楽しめるようになりました。「どうにもならない。」ではなく、「じゃあ、どうしようか?」と考えれば、そこそこ充実します。

    それと、「代償の法則」ですか。残念ながら、他人に奉仕できるほど立派な人間ではありません。自分に余裕がない証拠ですかね。
     

  • 心の平安に重点をおいて書かれています。
    ノウハウよりも考え方が学べます。

  • 「思考は現実化する」の20年以上後に刊行されたため、さらに一歩踏み込み、全般的に網羅された内容になっているようだ。
    読むタイミングが合致した人には、素晴らしい本になる。

  • 穏やかに内側の捉え方をモチベートする物語。

    スペシャルな事例物語を通して、
    その”哲学”、ミカタをまとめている。

    感じることは、読み手の状況やステージによって
    その捉え方は変わるだろうこと。

    藁をもつかむとき、
    十分に満たされているとき、
    その読み方の違いは大きく違うだろう。

    できれば、少なくとも自信がニュートラルな状況のときに開いてみることをお勧めしたい。

    また、ナポレオンヒルのプログラムの紹介であることは否めず、
    誘導されている感はぬぐえない。

    ひねくれた、内側の否定的な感情が起こることがある。

    今の時点で、
    すっきりと読みきれるものではない部分が多く、(受け取れるかということ)
    いつの日か、また読み直してみようかとおいておくことにした一冊。

  • 「彼らが”自分の人生を生き”ているからにほかならない。」

    リーダーシップの秘訣は、自分の行動を信じていることと、仕事の関係者とは誠実な態度で接すること。
    怒りの感情は、”書く”ことによって発散する。
    逆境の中には、それ以上の大きな利益の種がある。

    意志が何よりも大切。
    それさえしっかりしていれば前に進むことができる。
    進む時は一人で孤独かもしれないが、いずれ同じ志を持つ仲間に会える。
    批判されても、同じレベルまで落ちないように進もう。

  • つまってるなー

  •  自分の不足を痛感していたため、自分を高めようと色々本を探していた折に見つけたのが本書、ナポレオン・ヒルの「成功哲学」だった。

     鉄鋼王カーネギーの要請の元、各界の成功者にインタビューを重ねて手に入れた成功の要素、それを体系化したのが「ナポレオン・ヒル・プログラム」だ。
     本書はそのナポレオンヒルプログラムの、ガイダンスブック的な位置付けの本である。

     本書を一言で表すならば、ポジティブシンキングだろう。
     この本のキーワードとして、「心の平安」という言葉が度々記されている。富を得ても心の平安が得られなければ真の成功とは言えないし、また富がなければ心の平安も得にくい、とされていて個人的に共感できるのだけど、では問題は心の平安や富を得るには一体どうすればいいのか、ということである。

     そこで登場するのが、「信念」である。これは色々な言葉に言い換えられているが、要するに「人間の心がそれを信じられるのならば、人間はそれを達成することができる」ということなのだ。

     人が成功を明確にイメージし、その目標に対して進んでいくために必要なこと、つまりネガティブな影響への対処や、ポジティブな精神を築くことの重要性と方法を記してあるのが本書である。

     富を得るまでに直面する不安や不遇や精神的な葛藤、そして富を得てから直面する不安や不遇や精神的な葛藤、それらとどう付き合い、どうすることで「心の平安」を得られるのか、ということが書かれている。

     もちろんガイダンスブック的な内容なので、本格的には他の著作やナポレオンヒルプログラムにあたるのがいいのかもしれないが、本書を読むだけでもかなり前向きになれるし、薫陶を受けることが出来ると思う。

     400P超、文字は大きいし、行間も狭くないし、ぎっしり詰まっている感じでは無いから、パッと見抵抗は少ないと思う。
     ただ氏の造語や、独特の言い回しに苦労することはあるかも知れない。
     全14章からなるが、各章の終わりにその章の要点がまとめられていて、それが見事にうまくまとまっている。正直内容を把握するだけならばそこを読むだけで済んでしまうと思う。
     ただ、それだけではやっぱり不十分なのだ。
     ナポレオンヒルの力強い言葉、体験談、そういったものを浴びて励まされることで、気持ちが奮い立ち、感化されるのだ。

     この本を通して氏と出会えたことは自分の財産となるだろうし、この偶然を感謝したいと思う。

  • 言わずもがなの名著。

    年一回は読んでも損はないですよ。

  • 自分にとっての「成功」を探したくて、この本を読みました。

    どういう状態が自分にとっての「成功」なのか?という問いをもって読むといいと思います。

    私は、
     ・与える喜びを感じながら、最高の自分を創造主と共に生きることができれば「成功」だ。

    という結論に達しました。

    自分がどうなれば「成功」だと感じられるのか?
    それは人それぞれ異なるので、現時点で答えを見つけていない人は必読の1冊だと感じました。

    著者が語る、「成功」の定義を引用に書いておきました。
    「成功ってなんだかイヤな言葉だなぁ」感じているなら目からうろこが落ちるかもしれません。

    また、この本では、「心の平安」に重きを置いて話が進められています。
    行動や実践編は、「思考は現実化する」、「巨富を築く13の条件」で紹介しているようです。

  • 読書なんか全くしていなかった僕が、今後、ビジネス書を実用書として真面目に読んで行く事になっていく、きっかけとなった本です。先輩に勧められて、初めてビジネス書というものを読むことになりました。成功というのは哲学で語ることができるもの?と、半信半疑で読んだ記憶があります。。

  • 手放せない。何度も繰り返し読みたい。

  • 2010.11.22~2010.12.02読了

  • 43>【100801】

    自信という信念(武器)で、恐怖という悪魔を退治する。
    PMA=積極的心構え

    迷った時、苦しい時、辛い時にまた読み返したい傑作。
    「原因と結果の法則」に通じるものがある。

    原則はいつもシンプルやなあと改めて感じた一冊。
    とにかく人生は自分次第。思考は現実化する。
    土台は、「心の平安」「愛」「黄金律」やね。

    噂では聞いてかが、大作や。一回読んだくらいじゃ、
    7回読もっ

  • 大学1年の頃、7つの習慣の本に紹介されていたので購入した本。
    初めて読んだ当時は仕事にすぐ活かせる実践できるアイディアを求めていたのであまり役にたちませんでした。

    今、は就職活動を控え、働く意味や生きる意味、幸せとは?という価値観に関わる問題について色んな本を読んでいる中で、稲盛さんの「生き方」に「哲学」の重要性が書かれていたのを思い出し、再読。

    私はこの本を読んで、自分の幸せの定義を間違うと成功などありえないなというように感じました。他にも様々な気づきが得られました。

    人生の方向性に迷ったときに何度も開いて読みたい本です。

  • 【精密な成功理論と、その実践方法】

    ナポレオンヒルは、初めて読みましたが、とても感銘を受けました。
    人間は思ったとおりのものになるのだ、というのがナポレオンヒル氏の考え方の核にあると思いますが、これは心理学者エマーソン、また本書に登場するデール・カーネギー氏、また私が最近読んでいた松下幸之助氏など成功者に共通する思想のように思えます。

    本書の特徴としては、具体的なチェックリストなどが挙がっており、つねに本書を読み返すことで自分の心の状態を知ることができる、ということだと思います。常にそばにおいて、繰り返して読みたい一冊です。

  • 読み易かったけど、私の心には響かなかった。

  • 『思考は現実化する』の理解が深まった気がします。
    (気のせい?)
    読んで、励まされるかも。

  • 毎日持ち歩く参考書のようなもの。

全28件中 1 - 25件を表示

成功哲学に関連するまとめ

成功哲学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

成功哲学のKindle版

ツイートする