仕事は楽しいかね? 2

  • 1054人登録
  • 3.54評価
    • (61)
    • (116)
    • (172)
    • (30)
    • (2)
  • 114レビュー
制作 : 野津 智子 
  • きこ書房 (2002年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877710835

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
J・モーティマー...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事は楽しいかね? 2の感想・レビュー・書評

  • [読んだ理由]==================
    前作「仕事は楽しいかね」が、物凄く感銘を受けた良い本だったので。


    [読んだ後の感想]==============
    前作は自分自身の仕事観に関してだったけど、今作は上司として部下として、チーム内でのモチベーションアップや、チーム全体の価値向上に関する話が主。それゆえ今の自分にはいまいちピンとこない所もあった。でも全体として/客観的に凄く良い内容だったとは思う。


    [備忘録]======================

    ■第一章:”ほんもの”の上司に出会ったことはあるかね?8
    私は部下たちの力になってやるうちに、本当の仕事、つまり好きで得意な自分の仕事を放り出してしまった。そして組織のための配管工として、水漏れしている企画や流れの悪い処理過程に対応する日々を送っていた。
    「いいかい、キミは自分の部署の神になろうとしているんだ。そりゃあ大変だろうさ、神様になるなんて。」

    「”他社に負けない給料”というのは、”ふつうで、平均的で、ほかのみんなと同じくらい”ということだ」


    ■第二章:優れた上司は、常にお役所的な体制と戦っている24
    ”ほんもの”の上司と部下は、互いを管理の苦痛から開放している。全てを把握し、全てを支配するなんていう役割は放棄して。


    ■第三章:優秀な管理職の基本的な仕事は、管理することじゃない38
    優れた上司の仕事は、魅力的な職場環境を作ることだ。イイ部下を、つまり、管理する必要の内部化、同僚ばかりか上司さえも向上させる、そんな部下を惹きつける環境を作ることなんだ。

    ”ほんもの”の上司は先ず第一に、みんなに働きたいと思ってもらえる場を思い描き、そういう場を作り出す。

    自分の部署を会社に売り込む。部下になってくれるかもしれない人にも売り込む。自分の部署の売りにしたいと思うものをひとつ定めて、その強みを伸ばす方法を考える。

    「革新を宣言することと、独創性を伸ばす方法や、独創的な思考を促す方法を考え出すことは、全くの別物なんだよ。」

    「自分がしたいと思わない仕事を、なぜ他の人がしたいと思うだろう?」

    人を惹きつける職場:この上司のもとでなら、きっとチャンスに恵まれる、収入なら後からついてくると信じられる職場。

    並みの上司:明確な規則と規範を決める
    優れた上司:規則ではなく高い規準を決める

    一つの規準は旋回の会議に匹敵する

    キミは周囲の人と同じような考え方をする癖がついてしまっているんだ。それが悪いことだとは言わない。人間なんてそんなものだしね。でも他人より秀でた人間になりたいなら、意識してお役所的な考え方から抜け出さないといけない。

    キミのところで問題を解決してもらえるなら、部下はみんな何度でも来る。どうして、自分で解決するような危険を犯すだろう。キミが解決したなら、問題が起きて責められるのもキミ。それがおおかたの企業がやっていることさ。責任回避だよ。

    「もっといい方法はないか?おれがきみにできる最善のことか?」


    ■第四章:仕事選びの大切な基準は”今より幸せになれること”なんだ!88
    優れた部下は何が必要かを私に教えてくれる。私が彼らに教えるのではない。

    一人を”従業員”として扱うと、それなりの物しか返ってこない。しかし、”仕事仲間”として扱うと、全てが違ってくる。タダの従業員ではなく、ビジネスの大事な担い手と考えてみて欲しい。


    ■第五章:有能な部下は、探すことより探されることのほうがずっと多いんだ110
    「何もせずただ待って、空きができてから、”さあ、誰を雇おうか”ではダメですね。そんなふうでは二軍のチームしか作れません。十人野党としましょう。運が良ければ、そのうち五人はいい選手です。そして全ての責任が彼らにのしかかり、彼らはそれに憤慨する。ところがこの五人は、他のチームにとっても魅力的な選手なんですよ。其のため、やがてかられらの代わりに又別の五人を入れなければならなくなります。ウチ二人は使えるかもしれません。でもそんなことを繰り返していたら、最終的には住人全員が二軍選手になってしまいます。」


    ■第六章:労働移動率が二十パーセントの企業の方が、十パーセントの企業よりずっと健全だということもある160
    先ず、規則を規準に置き換えること。キミの部署では何があればレポートなりプレゼンテーションなりが高く評価されるのかを、明確にすることだ。質、独創性、スピード、何でもいい。

    ■第七章:仕事は楽しくなくちゃダメだ。職場から笑い声が聞こえてこなければ、キミのやり方は間違っているということだろうね186
    本当に優れた上司は、ハンターなんだ。今日からのキミは彼らにとって、これまでとは比べ物にならない重要なターゲットに成るよ

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/study_training_history/themaxstrategy2/

    『試すこと』が仕事を楽しくするコツと説いた
     
    『仕事は楽しいかね?』第1弾。
     
    その第2弾のキーワードは
     
    『ほんものの上司』と『ほんものの部下』。
     
    今回もマックス・エルモアの軽快な語りがおもしろいです。

  • 仕事は、楽しくなければならない! 確かにそうだ、この言葉を自分に当てはめてみると少なくとも今の自分には不釣合いだ! 職場に笑い声が聞こえる・・・?、聞こえない・・・沈黙が支配する。 重苦しい空気が立ち込めている。 職場に笑い声が聞こえる日本の企業を探すのは無理だろう。 外資系でもむづかしい。 じゃ~この本の意味は、自分の中で仕事を楽しくする環境を作ろう。 自分で仕事のやりがいや、アイデアを持とう。 究極は、自分自身のために働こう。

  • 【2010年3月8日読了】

  • 大切なポイントを書き留めておく事にする。
    内容はアメリカ的かな。
    具体的な行動は自分で考えるべき。
    やや抽象的すぎて、後半はやや読むのに疲れた。
    2だけ読んだが、続編を読むかはわからない。

  • 色々あるけど、7章のタイトルでもある以下の文に集約されるのかな。

    曰く、
    「仕事は楽しくなくちゃだめだ。
     職場から笑い声が聞こえてこなければ、
     きみのやり方は間違っているということだろうね。」

    あとは、「同志」はたくさん名刺交換したりするよりも、
    自分の普段の仕事ぶりによって集めることができるということ。

    仕事がんばろ、と思いました。

  • 部下、上司、職場の話。個人と職の関わりについて考え方がものすごく欧米的でそういった意味で圧倒された。

  • 管理職向け。前作がよすぎただけに少し期待はずれ。

  • 管理しない上司、部下の関係を築くために、お互いに高い能力を持つ必要があるということかと理解した。
    言わなくても何をやるべきか分かっていると。
    で、そうした組織を大きくするために、採用が大事で、お金で釣るのではなく、やりがいや成長機会、自由といったものを与えることによって引き入れることが大事ということらしい。
    お金払ってるからその分働いてねっていうのだと、リミッターがありそうだけど、やりがいとかだと天井はなさそう。まあ、単にお金を用意するのに比べて難しいだろうけど。

  • 笑い声の聞こえる職場は、雰囲気が良い状態で仕事ができている、ということ。高い規準と楽しさが何か良いものを生み出す。

  • 「仕事は楽しいかね?」の第2弾。
    部下や上司との関係に悩む主人公に、またもやマックスが色んな事例を用いてレクチャー!
    参考になる考え方が満載だが、転職を前提とした部分についてはアメリカ的だと思う。

  • 【教え、再び】
    そのまま続けて読み進め。
    今よりも幸せになれるかどうかで仕事を選ぶ。
    そして、何事も楽しみながら、ですね。

  • 「仕事は楽しいかね?」にて、空港でひょんなことからビジネスと生き方について講義薫陶を受けた主人公が数年後の活躍し壁にぶち当たった際に再度尋ねる…

    組織を育成するとは、
    優れた上司とは、
    優れた部下とは…の名言がちりばめられています。

    一気に読み終えたい人は、
    章と太字を拾っていけばいいと思うが、
    前後のエピソードも海外ならではと思うものが多いが読んでおきたいと思う。


    好きなフレーズは(優れた部下に関する考察)
    「彼らは部署全体をレベルアップさせるような基準を持っている。私たちは皆その基準をなんとかクリアしようとする。」

  • 部下の対場より。前半部分がよかった。ほんものの上司と部下について。上司の納得のいかないとことか、たくさんあるけど、自分もほんものの部下から程遠くて反省。一つ自分の評価軸が増えたと思う

    2015.12.13

  • 「仕事は楽しいかね?」の続編の体だが、伝える内容は全く別。今回は上司と部下の関係について。

    多くの例話(実話?)を次から次に出してきて興味深いのだが、私の勉強不足のためかそのほとんどを知らないので途中で空虚な例示の羅列に感じてしまった。米国人には分るのだろうが、ほとんどがスポーツ選手か新進気鋭の起業家だったと思う。私だけではなくほとんどの日本人は知らないかも。

    そんな訳で途中から覚めた目で読んでしまい、多くの例示よりももっとしっかりと深くひとつの内容について掘り下げて話してもらいたい・・・などと感じつつ読んでいた。

    しかしながら参考になる点も多々あった。かきは付箋の個所:

    70:部下の問題を解決するアドバイスをすると、部下は自分が居ないと何も解決しなくなる。

    71:そんな時に上司がすべき質問2つ。「もっといい方法はないか?」「これが君にできる最善の事か?」

    75:ビジネスの哲学は「手助けをすること」。

    76:部下をやる気にさせるための一番勇気ある方法は間違えること、彼らとの議論に負けること。

    94:本物の上司だけが本物の部下を持てる。(自分が本物にならない限り、良い上司も良い部下も現れない。)

    105:仕事選びの大切な基準。「いまよりも幸せになれるかどうか」

    183:本当に優れた上司は本当に優れた部下を忘れないし、連絡も絶やさない。

    184:社会は崩壊している。人々は帰属すべき場所を求めている。

    190-197:優れた上司はハンター。あなたを狩りに来る。あなたが本物になるなら。

  • 上司と部下の話がメイン。
    どのようにして“ほんもの”上司になるのか
    どのようにして“ほんもの”部下になるのか
    採用方法の例もたくさん書かれている。

  • 面白かった。
    仕事がしたくなる。

  • 一巻よりもおもしろかった。将来上司として登り詰めたい人、部下として成長したい人。是非そんな人に読んで欲しい。部下を雇うと仕事が減るって書いてあったけど、本来はそうあるべきなんだよなーって思う。今の会社は問題児が多すぎて、人に仕事を頼むと仕事が増える…

  • 久しぶりに読んだ。また読みたい。自分はどうしても頭でっかちで行動が遅くなることがあるが、いろいろと試してやってみること。

  • 主人公がマックス老人とともに上司と部下の理想の関係を探った1冊。ベストセラー『仕事は楽しいかね?』の続編。

    第1章 “ほんもの”の上司に出会ったことはあるかね?
    第2章 優れた上司は、常にお役所的な体制と戦っている。
    第3章 優秀な管理職の基本的な仕事は、管理することじゃない。
    第4章 仕事選びの大切な基準は“いまより幸せになれること”なんだ!
    第5章 有能な部下は、探すことより探されることのほうがずっと多いんだ。
    第6章 労働移動率が二十パーセントの企業のほうが十パーセントの企業よりずっと健全だということもある。
    第7章 仕事は楽しくなくちゃだめだ。職場から笑い声が聞こえてこなければ、きみのやり方は間違っているということだろうね。

  • 規則と規範の代わりに高い規準を設けることが良い上司の仕事の一つだとあったが、規則/規範と規準の違いがよくわからない !!

  • 些細なことには寛大に。重要なことには細心に。

  • 職場の上下関係を考えなおす良い機会になった

  • オーディオブックにて。
    「本物の上司に出会ったことはあるかね?」
    前作の主人公が中間管理職になり、部下の扱いについてマックスに相談したときのマックスの問いかけ。
    その話をきっかけに、本物の上司・本物の部下についての話に発展して行く。
    ・本物の上司・本物の部下は、ともに同じものを求める。それは、「自由」「変化」「チャレンジ」
    ・本物の上司は、本物の部下を得るために、職場を最高以上の環境にする
    ・本物の上司は、部下の成長を促すため、答えを与えずに質問を与える

全114件中 1 - 25件を表示

仕事は楽しいかね? 2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仕事は楽しいかね? 2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仕事は楽しいかね? 2を本棚に「積読」で登録しているひと

仕事は楽しいかね? 2のKindle版

ツイートする