【携帯版】思考は現実化する

  • 1680人登録
  • 3.98評価
    • (164)
    • (135)
    • (142)
    • (11)
    • (3)
  • 123レビュー
  • きこ書房 (2005年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (579ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877711344

【携帯版】思考は現実化するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の弱点を見つけることができた。
    きっとこの繰り返しが夢につながっていると信じる。
    二週目へ。

  • 経営者や意識高い系の人が読む本という偏見と気後れしていた。でも自分も少しでも近づけるかもしれないと思い読む。勝手な思い込みで、意識高い人が、他人を蹴落として自分が登っていくような意識を高める本かと思っていたが、全く違った。富を得るというと日本人はどうしても、金儲けに結び付けそうだが、そうではなく、絶対にかなえたいという夢や目的を持つと、人にパワーがみなぎり、その目的を実現する、そうすることによって富を得る、と言っている。そしてその方法というか、意識の持ち方を説いているのがこの本だ。
    心に残った言葉
    <願望実現のための6か条>
    1.実現したいという願望をはっきりさせる
    2.望むものを得るために、何を差し出すか決める。代償を必要としない報酬など存在しない
    3.実現の最終期限を決める
    4.実現のための詳細な計画を立てる、すぐ行動に移る
    5.1-4を詳しく書く
    6. 5を1日2回起床後寝る前に大きな声で読む

    2は深い。あれもこれも、はないということだ。

    また、成功の黄金律「自分がしてほしいと思うことは、何よりまず人にそうしてあげること」
    そう、成功する人は、謙虚ということ。
    でも、謙虚でない人が上にのぼっていく様をよく見るんだけどなあ。。。。そう愚痴を言う自分がだめなんだ。
    そういう私は失敗を引き寄せる54の原因、、、耳が痛い54条です。何度か読み返して、心と体にしみこませなくてはだめだ。
    どうやら私は凡人過ぎて、一度の読書で、そこまで興奮しなかった。
    機を見て読み返し、熱い生きる意義を見つけ実践していきたい。


  • 初めて読む人には分冊版の方がお勧め。

    一度読んだ上で、3冊は邪魔だという人向けかと。

  • 600ページもある大書。本書における「成功」の定義は、「自分の人生を意味のあるものにしたい」と思っている僕に示唆を与えてくれた。

    「逆境にこそそれ相応かそれ以上の利益の種子がある (Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed on an equal or greater benefit.)」は、名言。僕の座右の銘の一つだ。

  • 多分、そうなんだと思う。

  • 本書に「宣言文はよく見える場所に貼っておき、夜寝る前に読み、朝起きたらすぐ読む」とありました。
     
    一時、TOEICの目標点数をホワイトボードに書いて、自分を鼓舞していたことがあります。それなりの効果はあったと思います。現に、ホワイトボードに書いていた時に受けた点数が、今の所のベストです。

    でも、今はやめました。ホワイトボードが目に付いて落ち着かなくなったことが原因です。自分にプレッシャーをかけるのは良いことかもしれませんが、程々にしないと安らぎが失われてしまいます。何事もバランスが大事ですね。

    次に書くとしたら「簿記合格」でしょうか。11月に試験があるので、そろそろホワイトボードに書こうかと思っています。

  • あなたの思ったことはすべて実現する。世の中の本質として、思考は現実化するのだ。20年かけて成功者の取材を行った著者が、その成功哲学をまとめた名著。
    -----
    数年ほったらかしにしていて、なぜだか一気に読んだ。数年の間にいろいろと自己啓発本を読んでいたもので、正直なところ、目新しい内容はあまりなかった。どちらかというと、それらがまとめてすとんと腑に落ちるようなかんじ。定期的に読み返さないと。

  • 成功を掴むためのプログラム。
    まずは熱い意欲と目標の明確化を。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    だが私はこの診断を信じなかった。信じない権利が私にはあると思ったからだ。133
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    上に登りつめるには高揚した精神が必要だ153
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「知識を集めるために直接の報酬を犠牲にしたのは、あなたが初めてではありません。本当のことをいえば、あなたの経験したことはソクラテス以来、すべての哲学者が経験していることです」407
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「何か一つの考えを生み出す人間が失敗者であるはずがない」408
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    天に貸しをつくり、神をあなたの債務者にしてしまうことだ。

    支払いが遅れれば遅れるだけ、あなたは得をすることになる。なぜなら、貸した債権は複利で計算されるのが天界における慣例だからだ。430
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「このときばかりは自分自身の殻に閉じ込められ、身動きがとれないように思われてならなかった。もうこれ以上は耐えられないほど退屈だった」

    「男性は自分の選んだ女性を伴侶にしなければ未完成だということである」521
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「あなたがたたかっている相手は、決して優柔不断ではないのだ」579
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • 報酬以上の仕事をする。
    報酬以上の仕事をしていると、重宝されるし出世のちゃんすも出てくる。だれかの役に立つという気持ちを持っているか、いないかでは結果ゆ大きな差が出る。自分の変わりはいない、自分がいないと困る存在になるためには、上司の役に立とうと思う心が重要である。言い訳をせず、プラスアルファを実践することで視野が広がる。

全123件中 1 - 10件を表示

ナポレオン・ヒルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

【携帯版】思考は現実化するを本棚に「読みたい」で登録しているひと

【携帯版】思考は現実化するを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする