アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座(CD付)

  • 29人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : ナポレオン・ヒル財団アジア/太平洋本部編  田中 孝顕 
  • きこ書房 (2008年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877712389

アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座(CD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナポレオンヒル財団著「アンドリューカーネギーのビリオネア養成講座」きこ書房(2008)
    *人生への望みを分かっていて、それを手に入れる決意をした人なら望むだけにとどまってはいない。そういう人々は、望みを燃えるような願望にまで高め、しっかりとした計画をたてて、それに基づく絶え間ない努力によって、願望を推進していく。そして計画を実行するには、ほかの人々を誘って協力を得る事も必要だ。他人の助けなしには大きな目標は達成的ない。
    *自分の努力で得る富やものはすべて、求める物についての簡潔なイメージから始まると言えば分かりやすいかもしれない。このイメージが成長し、あるいは頭を離れなくなる程強められたとき、最高の知能でも理解できないような隠された自然の法則によって、イメージは潜在意識に取り込まれる。その時点から私たちはイメージ通りの実態へ引きつけられる。もしくは導かれるようになる。
    *最初に目標の達成につながる原因をつくることだ。この原因とは調和の精神をもって行う有益な仕事の事である。目標を完全な文章にして書き出すのも有効だ
    *自己脳力の10の法則
    (1)明確な目標を持つ習慣
    (2)決断のはやさ
    (3)健全な正確、これは誠実さとも言える
    (4)感情の激しい自制
    (5)有益な仕事への強い願望
    (6)仕事についての充分な知識
    (7)あらゆることに対する寛容さ
    (8)個人的な仲間への忠誠心と神への信仰
    (9)知識への持続的な渇望
    (10)活発な想像力
    *我々のやる気を生み出している要因
    (1)愛・・・これが精神的な力の入り口である
    (2)性衝動・・・これは純粋に生物学的な反応だが、やる気を起こさせる強い力に転換できる
    (3)金銭的利益への願望
    (4)自衛本能
    (5)心身の自由への願望
    (6)自己表現の願望・・・これは評価と名声につながる
    (7)永遠に生き続けたいという願望
    (8)怒り・・・この感情は羨望や嫉妬として現れる事が多い
    (9)恐怖
    *この世には1つだけで完全な心はない。最高の心の豊かさは2つ以上の心が調和的な関係をつくり、明確な目標の達成を目指して働くときに生まれる。
    *カーネギーによれば、大昔からずっと、目覚ましい成功を遂げた男のやる気の源にはたいてい女性の影響力が見られる。
    *男の脳の中にも眠っている成功への種は、女性の愛と思いやりの暖かさに最も素早く反応をする。
    *目標と支え、それを貫くにはたえまない努力が必要になる。その努力の中でも最も重要なのが、人間関係に力を注ぐ事である。この事実をしっかり心にとどめていれば、仲間を選ぶとき、特に日常的に親しく交際する人々の選択は、慎重に行わなければならない。第一に重要な人間関係は結婚を除けば、仕事で日常的に接する人たちとの関係である。仕事仲間との間では、一番はっきり物を言う人の癖や心構え、人生観、政治的意見、経済についての考え方の特徴がみんなに影響を与えるという一般的傾向がある。
    *知識は、体系づけて実際の行動という形で表されたときに初めて力となる。
    *マスターマインドの法則を使って、他の人々の心の力を利用しようとする人は、たいてい自分自身の心の力を完全に掌握することから始める。
    *仕事に関する限り、リーダーはまっさきに職場へ着き、最後に職場を出るようにすること。

  • ◆1908年秋、ピッツバーグにて。ナポレオン・ヒルがアンドリュー・カーネギーへ行った最初のインタビューを再現したもの。金銭的収入を増やす手段だけではなく、人生に独自の目標を設定し、それを実現するための哲学。

    ◇揺るぎない成功を手にして有名になった人々を研究すれば、誰もが「明確な目標」を持っていることがわかるはずだ。そしてこの目標を実現するための計画を立て、目標を実現するために思考と努力のほとんどを注ぎ込む。

    ◇誰でも、財力や地位、名声、社会的評価などを得て、よりよい人生を送りたいと望んでいる。それなのに、ほとんどの人は「望み」の段階から先へいこうとしない。だが、人生への望みがはっきりわかっていて、それを手に入れる決意をした人なら、望むだけにとどまってはいない。そういう人々は、望みを燃えるような願望にまで高め、しっかりした計画を立て、それに基づく絶え間ない努力によって、願望を推進していく。そして計画を実行するには、他の人々を誘って協力を得ることも必要だ。

    ◇自分の努力で得る富や物はすべて、求めるものについての簡潔なイメージから始まるといえばわかりやすいかもしれない。

    ◇目標を書いてみると、それがどういうものなのかが否応なく具体的につかめる。読み上げる習慣によって目標を心に浸透させると、潜在意識に届いて作用し始めるだろう。

    ◇君が、他人の役に立ちたいという強い願望の実現に力を尽くせば、その仕事の価値は自然に周囲から認められるようになるだろう。

    ◇自己脳力の10の法則
    ○明確な目標を持つ習慣
    ○決断の早さ
    ○健全な性格、これは誠実さとも言える
    ○感情の厳しい自制
    ○有益な仕事への強い願望
    ○仕事についての十分な知識
    ○あらゆることに対する寛容さ
    ○個人的な仲間への忠誠心と神への信仰
    ○知識への持続的な渇望
    ○活発な想像力

    ◇自発的な行動を促す9つのおもな動機
    ○愛…これが精神的な力への入り口である
    ○性衝動…これは純粋に生物学的な反応だが、やる気を起こさせる強い力に転換できる
    ○金銭的利益への願望
    ○自衛本能
    ○心身の自由への願望
    ○自己表現の願望…これは評価と名声につながる
    ○永遠に生き続けたいという願望
    ○怒り…この感情は、羨望や嫉妬として表れることが多い
    ○恐怖

  • ◆1908年秋、ピッツバーグにて。ナポレオン・ヒルがアンドリュー・カーネギーへ行った最初のインタビューを再現したもの。金銭的収入を増やす手段だけではなく、人生に独自の目標を設定し、それを実現するための哲学。

    ◇揺るぎない成功を手にして有名になった人々を研究すれば、誰もが「明確な目標」を持っていることがわかるはずだ。そしてこの目標を実現するための計画を立て、目標を実現するために思考と努力のほとんどを注ぎ込む。

    ◇誰でも、財力や地位、名声、社会的評価などを得て、よりよい人生を送りたいと望んでいる。それなのに、ほとんどの人は「望み」の段階から先へいこうとしない。だが、人生への望みがはっきりわかっていて、それを手に入れる決意をした人なら、望むだけにとどまってはいない。そういう人々は、望みを燃えるような願望にまで高め、しっかりした計画を立て、それに基づく絶え間ない努力によって、願望を推進していく。そして計画を実行するには、他の人々を誘って協力を得ることも必要だ。

    ◇自分の努力で得る富や物はすべて、求めるものについての簡潔なイメージから始まるといえばわかりやすいかもしれない。

    ◇目標を書いてみると、それがどういうものなのかが否応なく具体的につかめる。読み上げる習慣によって目標を心に浸透させると、潜在意識に届いて作用し始めるだろう。

    ◇君が、他人の役に立ちたいという強い願望の実現に力を尽くせば、その仕事の価値は自然に周囲から認められるようになるだろう。

    ◇自己脳力の10の法則
    ○明確な目標を持つ習慣
    ○決断の早さ
    ○健全な性格、これは誠実さとも言える
    ○感情の厳しい自制
    ○有益な仕事への強い願望
    ○仕事についての十分な知識
    ○あらゆることに対する寛容さ
    ○個人的な仲間への忠誠心と神への信仰
    ○知識への持続的な渇望
    ○活発な想像力

    ◇自発的な行動を促す9つのおもな動機
    ○愛…これが精神的な力への入り口である
    ○性衝動…これは純粋に生物学的な反応だが、やる気を起こさせる強い力に転換できる
    ○金銭的利益への願望
    ○自衛本能
    ○心身の自由への願望
    ○自己表現の願望…これは評価と名声につながる
    ○永遠に生き続けたいという願望
    ○怒り…この感情は、羨望や嫉妬として表れることが多い
    ○恐怖

全3件中 1 - 3件を表示

アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座(CD付)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座(CD付)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする