潜在意識が答えを知っている!

  • 325人登録
  • 3.65評価
    • (21)
    • (25)
    • (38)
    • (6)
    • (1)
  • 34レビュー
制作 : ダン・S・ケネディ  田中孝顕 
  • きこ書房 (2009年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877712464

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印

潜在意識が答えを知っている!の感想・レビュー・書評

  • p50
      人間の場合「生きる」という目標は生き延びることだけではない。人間には動物にはない情緒的・精神的な欲求がある。人間にとって「生きる」ためには情緒的・精神的に満たされることも必要なのだ。

  • ポール・R・シィーリーの「潜在意識であらゆる問題が解決できる」を熟読してこの本も読もうと思い立った。同じような内容だがこの本の前に書かれた最古サイバネティックスに関する本は自己啓発書の古典とも呼ばれているらしい。この本はその続編のようなもの。その古典も読んだ(タイトルは「自分を動かす」)。この続編はきこ書房からの本。ゆえに自己啓発セットのコマーシャルが最後に乗っている。翻訳本なので「詳しくはセットをお買い上げください…」とはならないだろう。
    フォトリーディング。「潜在意識であらゆる問題が解決できる」と同じテーマだが、こちらの方は理論や定義を深く扱わずに、実際の体験談が多いように感じた。これも熟読すべき本なので、明朝の高速リーディングはざっと飛ばすことにする。
    高速リーディング。色々な人の例話が載っていて読みやすく興味深い。例えばナポレオンヒルが「Think and Grow Rich」のタイトルを付ける時の話。考えることでは何年も思いつかなかったが、ただ潜在意識に委ねるリラックスすることで思いついたとの事。またパットン将軍が部下に命じるときには「やり方までは教えるな。目的を伝えればその創意工夫に驚かされるだろう」といった話。このことを潜在意識に仕事をさせることの例話として用いている。最近流行りの脳科学ではないが、とても信頼できる自己啓発書であり、成功技術の本であると感じた。
    全体を通して何度も繰り返されていたことが、「目標」についてであった。まず目標がなければどこにも進まない、すなわち成功すること。そして目標はいつでも建設的に新しくするべきこと。また目標に対して挫折要素が立ちふさがったとしてもそれは解釈の問題で決して失敗はありえないこと。
    自己評価についても、例えばネガティブな行動や失敗があったとしてもそれは自分の評価を下げるものではないこと、つまり自分の行動が自分の尊厳を下げる必要はないことが述べられていた。p172には神が造られた大自然を素晴らしいと思うのなら、神が造られた自分自身をも同じ評価をすべきことが述べられていた。自分の失敗やネガティブな要素は、神の被造物であることを揺るがすものではない、ということ。
    クラッシックな感じの自己啓発。ポール・シィーリーの本よりも具体的な行動ステップの提示にかけていたので、星は四つ。

  • 形成外科医が臨床の経験から、外見ではなく心理的内面の変化に注目したことからうみだした理論。アメリカのオリンピックチームでも用いられたそう。意識的な思考によって力ずくで回答を出そうとするストレスが消えたときに、サーヴォ機能が自動成功メカニズムとして機能しはじめる。

  • 脳と神経系は現実とイメージの区別がつかない。
    だから、イメージで新しい脳の過去データを蓄積すればいい。

    そのために、
    1日30分、リラックスして、そのイメージ作りを行う。細かいところまで明確なイメージをすればするほど、リアルとイメージとの区別がつかなくなる。

    自尊心を分厚く頑丈にするために、自分で自分を褒める。丈夫な自尊心であれば、他人からの中傷にきずつかないし、傷ついても治りが早い。

    気にするべきは、自分の反応。
    人は緊張すると、怒ったり、不安を覚えたり、傷ついてうらんだりする。しかしリラックスをして、反応することをやめると、傷つかずにすむ。
    体の筋肉が完全にリラックスしていると、ネガテイブな感情を抱きようがない。

    過去人の言葉
    ・自分以外によって傷つく人はいない。
    ・私を傷つけられるのは私だけだ。
    ということで、毎日、
    リラックスしてストレスを発散する時間を持つ。
    目標に対する成果と進捗を書き留める。
    視覚化を練習する。

    そして、少しは傷つく覚悟を持つ。

    ほか、ぐっときた言葉。

    たいていの人は、なろうと決意した分だか幸せになれる。

    惨めだと思えば惨めになる。

    不幸の最大の原因は、誰に向けられた訳でもないのに、自分に向けられたと受け取ってしまうこと。

    不可能は、単なる見解にすぎない。

    習慣とは、人格がまとっている衣服。
    自己イメージと習慣は、えてして連動する。片方が変わると片方も変わる。

    陽気に
    他人に対してもう少し親切に
    成功者のようにふるまう。その人格としての行動と感情繰り返し実践する
    1日3回は笑顔を練習
    何が起きてもできるだけ冷静に、理知的に対応する
    何をしても変えられない悲観的ネガテイブな事実は完全に無視する。
    危機は目標に近づくチャンス
    自分はどうするか、何を起こしたいかを考える。それを実現したいと思う

    声を大きくする。
    自身のない人はえてして声が小さい。まずはこれかな。

  • ダン・ケネディが推していた一冊。
    セルフイメージの有効的な活用というか,潜在意識を「目標へと自分を誘導してくれる機構」にするためのマインドや習慣が載っていた。
    もちろんこの本はマクスウェル・マルツ・プログラムの販促ツールなので,コレ一冊で自分がガッツリ変わる訳ではないけれど,その足掛りを教えてくれる。
    MMPもゆくゆくは取り入れる予定。
    デールカーネギー氏の「人を動かす」と合わせて読むと良さそう。徳のある人格の持ち主を目指しましょう。
    高校生・大学生の内に読んでおけば良かったな,と感じます。
    2015/6/9一回目

  • 訳が微妙なのか内容が微妙なのかわからないが、内容が漠然としていてあまりみにならなかった。

    あと様々な内容を詰め込みすぎてそれぞれが薄くなった印象をうけた。

    唯一イメトレのエクササイズだけは使えるかな。

  • サイコサイバネティクス

  • いろいろな著者が言うように、思っていることは必ず実現する。
    私は現実と理想のギャップが苦しくてガチガチに余裕がなくなってしまう。そんなとき、必要以上に頑なにならないように促してくれた本。

  • 冒頭、この本の役割が書かれていますが、数ある自己革新プログラムの基礎を築いた本とのことです。
    強烈なインパクトはありませんが、丁寧な記述で、繰り返し読むと理解が深まるように思います。
    SUCCESS、FAILUREがそれぞれ成功と失敗の要素の頭文字になる。なるほどの記載アリです。

  • 古典的名著。
    サイコ=サイバネティクス理論について、分かりやすく記載されています。
    成功メカニズムを稼働するにはどうしたらよいか、大まかな方向性や心の持ち方については示されています。
    しかし、最後に「マクスウェル・マルツ・プログラム」の宣伝が掲載されている点に鑑みるに、具体的に身につけるのはプログラムで!ということなのでしょう。
    そうはいっても、引用したい言葉もたくさんあり、何度も繰り返して読む価値のある本だと思います。

  •  自己啓発本のような扱いを受けているが、個人的な見解では本書は自己啓発本ではない。

     あくまでも、「サイコ・サイバネティクス」という理論に関する本である。だから、自己啓発本では当たり前のトレーニングの類については触れられていない。
     しかして、目標達成に関する理論であるために、そうした勘違いが生じているのではないだろうか。まあ、下手な自己啓発本よりもシンプルで汎用性の高い理論であることは確かだろう。

     本書の優れた点は、「ああしろ」「こうしろ」と口うるさく言うのではなく、実際にポジティブにさせてくれるような、あるいはネガティブを取り除くような言葉が散りばめられていること。
     いくつかを引用したが、心に訴えかける説得の言葉だった。

     非常に読みやすく、読み物としても面白いので是非オススメしたい一冊。

  • サイコサイバネティクスがどういうものなのかの説明がメインで、実際にどうすればいいのかが少ししか載っていなかったのが残念な感じでした。

  • 目標はすでに存在している。ものとして思い描く。

    そのためには間違ったセルフイメージを修正する。
    1その思い込みに合理性は?
    2間違ってないの?
    3他の人だったらどうなのよ?
    4それが真実じゃないのになんでそう思っているの?





    平均的人間は毎日二時間自己嫌悪しているというのは驚いた。

  •  潜在意識の有効性と、活用法。実用的なことが書いてあるので、ビジネスや勉強などに応用できる。
     個人的には、生活習慣を確立するための方法も書かれているので、とても参考になった。まず一つひとつを集中して行うことが大切。潜在意識に刻み込むことです。

  • この内容で、何度も再販→廃刊を繰り返しているようだ。良書程すぐ廃刊になるのはなぜか?
    「サイコ=サイバネティクス」という、科学的視点で、根拠を明らかにわかりやすく書いてある。潜在意識はわかるけど、なんとな〜く、スピリチュアルのたぐいでしょ?と、腑に落ちなかった人にぴったり。こういうの探してた。

  • その辺の自己啓発本よりはよかった。

  • ◇人間の行動や感情は、思い込みから生まれる

    ◇あなたの行動や感情を生み出した思い込みを取り払うためには、自分自身に「なぜ?」と尋ねてみる

    ◇「何々だから」幸せというのではなく、理由など持ち出さず、ただ幸せでなければならない

    ◇100パーセント正しくなくてもいいことに気づいてほしい。人間というのは本質的に、行動し、誤りを犯し、軌道修正しながら進歩するものなのだ

  • けっこうわかりやすい本。サイコネバティクスなる、自己啓発の原点の思考が描かれている。整形外科の経験から指摘される内容は文句なく理解でき、「想いが結果を生む」という理屈と例がいろいろ。自己啓発、モチベーションUPの本はいろいろあるけど、どうやらこの本に書かれていることが最初らしい。なので小難しい理屈はあんまりないし、本のボリュームはあるけどそんなに時間もかからずさらっと読めます。ちょっと落ち込んだり自信のないときに思い出すといいかも。

  • 読みやすい。潜在意識だけではない。内容が濃い。

  • 人は本来成功するようにできている。
    その仕組みを解き明かし、
    人々を成功に導くのが、サイコ・サイバネティクス。
    怪しい宗教系の話しではなく、
    脳神経学的な潜在意識の仕組みをもとにした
    脳の取り扱い説明書とでも言える内容。
    まず、肝心なのはセルフイメージ。
    低いセルフイメージが
    てきることすらできなくさせる。
    セルフイメージを高め、
    目標をセットし、
    目標達成へむけた目の前の行動に全神経を傾けることが
    肝要。
    この考えは、宝地図と非常に相性が良いように思える。
    併用して、トレーニングしていこう

  • ・人間の行動や感情は、思い込みから生まれる

    ・あなたの行動や感情を生み出した思い込みを取り払うためには、自分自身に「なぜ?」と尋ねてみる

    ・「何々だから」幸せというのではなく、理由など持ち出さず、ただ幸せでなければならない

    ・100パーセント正しくなくてもいいことに気づいてほしい。人間というのは本質的に、行動し、誤りを犯し、軌道修正しながら進歩するものなのだ

  • 【NASA推奨・潜在意識関連本】

  • 方向性の意識、理解、勇気、思いやり、尊重、自信、自己受容

  • 【内容情報】(「BOOK」データベースより)
    世界中で3000万人の人生を変えたサイコ=サイバネティクス理論。このメカニズムを理解するだけで、ヤル気が出る、自信がつく、勇気が湧いてくる!半世紀読み継がれている世界的名著。

    【目次】(「BOOK」データベースより)
    人間は本来、成功するようにできている/人生を決定づける自己イメージ/人間だけがもつ「成功本能」/明確なイメージが行動への原動力となる/イマジネーションで明らかになる「本当のあなた」/ネガティブな思い込みや行動が失敗を生む/どんな問題でも解決してくれる「自動成功メカニズム」/いくつもの逆境を乗り越え幸せになる方法/「成功型」人格を手に入れる最も効果的な手段/「自動失敗メカニズム」の作動を告げる危険信号/健全な自尊心があなたを守る/創造的な自己を発揮することを恐れない/自分自身に備わる力で不安を克服する/プレッシャーに負けない強い人間になる/勝利の感覚だけを常に抱きつづける/「サイコ=サイバネティクス」で幸せを手に入れる

    【著者情報】(「BOOK」データベースより)
    マルツ,マクスウェル(Maltz,Maxell)
    1921年にコロンビア大学で科学の学士号を、1923年に同大学内科・外科カレッジで医学の博士号を取得。その後ヨーロッパで形成外科の臨床研修を行ったのち、ニューヨークの病院で再建外科部門のヘッドに任ぜられた。また指折りの開業医となり、世界中から訪れる患者を治療した。1950年代に、患者の心理的な面にますます興味を持つようになり、自ら考案した「成功の条件づけ」をスポーツ選手やセールスパーソンなどに試したあと、1960年に『サイコ=サイバネティクス』のオリジナル版を刊行した。たちまちベストセラーになり、企業やスポーツ選手、芸能人からも、講演やセミナーの依頼が舞い込んだ。76歳で没。

    ケネディ,ダン・S.(Kennedy,Dan S.)
    マーケティングのコンサルタントであり、プロの講演者であり、実業家としても成功を収めている。毎年20万人以上の聴衆を相手に講演をし、歴代大統領や財界のリーダー、さらにジグ・ジグラーやブライアン・トレーシー、ジム・ローン、トム・ホプキンズといった同業の講演者などと一緒にテレビやラジオに出演している。サイコ=サイバネティクス財団のCEOである。

    田中孝顕(タナカタカアキ)
    1945年1月生まれ。国学院大学法学部卒。総理府(現・内閣府)事務管(公正取引委員会事務局(現・総務省/公正取引委員会))、東急不動産(株)企画部、総務部を経て、1973年4月、SSI人材活性研究所を設立。1979年2月、(株)SSI人材活性研究所(商号はその後、(株)エス・エス・アイに変更)を創業し、代表取締役社長・最高経営責任者に就任。2007年株式会社エス・エス・アイ退任、現在、同社最高執行顧問となる。『SSPSシステム』を開発、『ナポレオン・ヒル・プログラム』その他、各種プログラムを翻訳・開発した。『速聴機』を企画・開発し、ギネスブックから認定書を授与される。2002年11月、米国ナポレオン・ヒル財団の上級顧問(シニア・アドバイザー)、ナポレオン・ヒル財団アジア/太平洋本部理事長に就任。2003年3月、日本人として初のナポレオン・ヒル・ゴールドメダルを受賞。2004年度には、高額納税者ベスト10に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • いまんとこ、キングオブ自己啓発書!!
    二回読んだし!!そしてまたよむでしょう!

全34件中 1 - 25件を表示

潜在意識が答えを知っている!に関連する談話室の質問

潜在意識が答えを知っている!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

潜在意識が答えを知っている!の作品紹介

世界中で3000万人の人生を変えたサイコ=サイバネティクス理論。このメカニズムを理解するだけで、ヤル気が出る、自信がつく、勇気が湧いてくる!半世紀読み継がれている世界的名著。

潜在意識が答えを知っている!の単行本(ソフトカバー)

潜在意識が答えを知っている!のKindle版

ツイートする