不幸好きガール

  • 27人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 藤本亜矢子
  • きこ書房 (2012年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877712907

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不幸好きガールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル&表紙で勢いで借りました。なるほど、不幸好きな女の子は幸せになる能力が高い、か……ヨガして、瞑想して……なんで幸せになれないの?!自分をみてるようで辛かった!!!

  • 不幸エンディング短編集!って感じ。
    だけど脅迫されることなく、心地よいとさえ感じたのは、性格がねじれてるせいなのか、「ここまでにはならない」と少しは自分に自信があるからなのか。
    でも、バイブルにしたい( ´ ▽ ` )ノ

  • つくづく思うが、この手の本が溢れている中で、消費者の目に留まるようにように、タイトルの付け方・表紙のデザイン・キーワードの設定などなどはすごく重要ですね。

    本のマーケティングは興味深い。

  • 心理カウンセラーが、「なんでわたし幸せになれないんだろう?」と相談しにくる女の子を数パターンに大別して傾向と対策を示している本。ありがちだけど他と違うのは、タイプ別に代表の女性像を具体的に(生い立ち、好きなスポーツ、癒されるものetc)描いてエピソードを記している点。

    じぶん含め現代の頑張るおんなのこたちに陥りがちなことつらつら〜

    「不幸好きガールとは、幸せになる才能の高い女子のことである」

    読んでみて納得。
    傷付いてもがいてるのは上昇志向の高さから。
    ただちょっとやり方とか視点をうまくしてじぶんと付き合わなきゃね、って内容。
    ふんふん、いくつか取り入れてみようかな?

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする