あなたの大嫌いな人が100%考えていること

  • 94人登録
  • 4.21評価
    • (11)
    • (13)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : イグゼロ
  • きこ書房 (2012年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877712990

あなたの大嫌いな人が100%考えていることの感想・レビュー・書評

  • 目標達成について。昔目標は達成しないもの、と潜在意識に植え付けたエピソードがあったのでは?小さな目標を達成することを続けて目標は達成するもの、という思考回路をつけよう。突然腹落ちした。意識して小さな目標達成を積み上げていこう。
    マリーアントワネットだったらなんと言うだろう、譲るでなく与える。
    シンプルなのに響く言葉がいっぱいだったなー。

  • ・大切な空白の時間

    ・脳の構造を瞬間的に変える方法・・・思う(意識を持つ)

    ・もし、いま自分が「理想的な自分」だったら、どうするだろう?

    ・筋トレ初日で、あきらめますか?

    ・性格は、変えずに増やす。

    ・あなたの大嫌いな人が100%考えていること・・・「私は、間違っていない」

    ・目標は達成するもの。

    ・裏をとる。

    ・共感する。解決する。

    ・自分で考えることを放棄しない。

    ・あるようになる。

  • 「あなたの大嫌いな人が100%考えていること」→全人類が、いまから伝える大原則のもと行動をして、ものを言って、他の人との関係を作っている。意識的にせよ、無意識にせよ、全ての人が、頭の中で絶えず繰り返している一つの言葉がある。それは「私は、間違っていない」だ。「そうか、お前は間違っていないよ」というスタンスで話をスタートさせると、コミュニケーションは円滑に進む。「人は共感か解決しか求めていない。」あなたが「あ、いま機嫌が悪いな」とか「感情的になっちゃてるな」と感じたら、心の中で、一言つぶやけばいいだけだ。怒っていても、イラっとしても、焦ってパニックになっちゃてるときも、たった一言「もし、いま自分が「理想的な自分」だったら、どうするだろう?」と、心の中でつぶやいてみる。ただそれだけだ。お金の持つ本質的な力の一つ。それは、「お金は、欲望をかけ算で増幅させる」という力だ。あなたがお金持ちになったら、あなたがいま、お金を使っている姿が、そのまま二倍、五倍、十倍、100倍の形で具現化される。「かけ算」なわけだから、いま使っていないことには、お金持ちになっても、あなたは決してお金を使わない。今「寄付」をしていなければ、「お金持ちになったら寄付をしよう」とか考えていても、まず間違いなく寄付はしない。

  • もう読んでいる途中で、自らの物の見方、視点が変わっていくのを実感。背筋がぞくっとしました。また文体が、本なのに直接語りかけてくる感じでぐいぐいきます。少しずつでも思い出しながら、実践したい一冊です。

  • 文章量の割にかなり読みごたえもあり、面白い!と素直に思えた一冊。
    少し変わった視点から物事を捉える著者の考え方は本質を突いていて、刺激になるだけではなく、実際に生活に取り入れてみようと思わせてくれる。
    好みは分かれそうな気もするが、毎日にピリッとスパイスを効かせたいときの一冊。

  • ひすいさんの本で紹介されてたのと、タイトルがおもしろそうなこと、著者の名前が特徴的だったので読んでみた。

    タイトルの内容は、ひとつの章の一節の内容だった。要は、こう考えたほうがいいよという考え方の本。

    大嫌いな人が100%考えていることっていうのは「自分は間違えていない」ってこと。
    これはみんなそうだと思うけど、おれは間違っていると思いながら発言している、行動している人って、特殊なケースを除いてはほぼいないと思う。

    どんな意見を主張する人も、自分は間違えていないと思って主張し、それを反対意見として感じる側も、自分は間違えていないと思っているから、お互いに大嫌いになるか、反発する結果になってしまう。

    人が自分と違った意見を主張してきたとき、相手も自分は間違えていないと思って発言してるんだなと思って、共感することや解決することを軸に話をしていけば、こちらの気も楽になるし、相手の感情も逆撫でしないですむ。という内容。

    本文中で印象に残ったのは「人を愛するんじゃなくて、学んだことを愛せ。そして、行動に移した自分を愛せ。」という内容の話。

    誰か自分の尊敬している人、学者、その道の権威とされている人が言ったことだからとか、たった一週間に何時間かしか顔を合わせないような人がとった素晴らしい行動も、その人を凄い!と思うんじゃなくて、その発言や行動自体を凄い!と感じるようにして、それを行動に移した自分こそ、おれって凄い!と愛するべきだ!

    尊敬している人のとる行動は、全て見習いたいと思ったり、あの人が言うんだから間違いないと裏もとらずに信用したりするのはよくない。
    例えば、安倍首相がとる政策だから間違いないとか、敏腕トレーダーが勧める株だから絶対上がるとか、不動産鑑定士がいうからいい物件だとか。

    やっぱり、要は自分の脳みそで考えて、自分で考えて結論をだす、行動する、そしてみんな自分のことを間違えていないと思って行動しているんだなぁ。人間だもの。

  • いま使っていないことには、お金持ちになっても決して使わない。
    自分自身の価値を認める。
    自分に全く関係なくて興味ない本を読んでみる。
    ふつうの人と同じことをやっていても、ふつうの結果しか得られない。
    目標は立てると達成する。
    自分で考えることを放棄しない。

  • 目標達成のための行動基準とします。

  • 書いてある内容は、もちろんとして、
    イグゼロさんの独特な表現が非常に腹落ちへの手助けをしてくれている気がした。
    考え方や物事の見方には、正しい、間違いはないと個人的には考えているけれど、
    文字情報で、これだけフランクで、若干毒を含んだ文章には、クスっという笑いがあり、抵抗感が無く受け入れられる。
    もし、これが計算の上なのであれば、完敗だ(笑)

  • ものの見方、考え方について述べた本。なるほどと腹に落ちる内容が多く参考になった。

  • 「もしあなたが、誰かのことを嫌っていたとする。中略 もしかしたら、あなたとその人の仲が悪いことを影で喜んで、仲が悪いままにさせている人はいないだろうか?あなたと、あなたが嫌いな人が仲が悪いことによって、誰かが直接的・間接的に得をしていることって、ないかな?」
    あるある。パーソナリティ障害の人は平気で仕組む。アメリカも。

    「誰かの人生と交換できるとしたら、誰と交換してもらうだろう?」
    そう考えると、誰もいないよね、という話。確かに。

    「この人の100ある態度で、最高のものを引き出すためには、私はどんな態度で接すればいいのか?」
    ひどい対応をされたとき、それを引き出したのは自分だ、と。

  • 【ためになる気付きベスト3】
    1)話す相手は「共感」か「解決」のどちらかを期待して話す。まずはそのどちらを軸とするかを考える。
    その際「お前は間違ってないよ」という態度でいると円滑にコミュニケーションが進む。

    2)失敗から得た学びは覚えておく。
    失敗の事実そのものは忘れてしまえばいい。

    3)成功者は受け取れるモノは譲らず受けとる。そして欲しがる人に与える。


    【感想】
    著者の体験から得た気付きが数多く記載されている。
    少しだけひねてるところがあるけど、それも味と思えて面白い。上記のコツはどれも簡単で、効果がありそうで面白い。

  • ちょっと変わったものの見方だが、読んでいてすっと腹落ちする。しかも、ちょっとやってみようかな、これならできそうだな、ということが多い。
    この手の本、今年はたくさん読んだ気がするが、これがいちばんよかった。少なくとも今のところ、ね。(今年はまだひと月と半分ある。もっといい本と出会う可能性も残しておこう(^_^))

  • ■見方

    A.いまのあなたの、お金の使い方がすべて。

    B.あなた自身の秘書という人格を、一つ増やしてみる。

    C.思った途端から、世の中の見え方は、まるで違ったものになるだろう。

    D.もし、いま自分が理想的な自分だったら、どうするだろう?

    E.性格は変えずに増やす。

    F.普通の人と同じ事をやっていても、普通の結果しか得られない。

    G.自分のイメージの中で、自分とはまったく違う感性の人を作ってみる。

    H.人は共感か解決しか求めていない。

全16件中 1 - 16件を表示

あなたの大嫌いな人が100%考えていることを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたの大嫌いな人が100%考えていることを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたの大嫌いな人が100%考えていることを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする