悪魔を出し抜け!

  • 172人登録
  • 4.05評価
    • (15)
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
制作 : 田中孝顕 
  • きこ書房 (2013年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877713119

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルステン・ハー...
タル・ベン・シャ...
デール カーネギ...
松下 幸之助
ジェームズ アレ...
ナポレオン・ヒル
ピーター・セージ
リチャード・テン...
ジェームス W....
クリス・ギレボー
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔を出し抜け!の感想・レビュー・書評

  • 個人的には「思考は現実化する」よりも共感し感銘を受けました。

    この本を読んでいて連想したのがマトリックスという映画です。
    うまく説明はできませんが、マトリックスでいう仮想現実に生きている多くの人と、この本で言っている悪魔が98%の人類を支配しているというところを。
    そして残り2%の周りに流されず自分で考える人がマトリックスの主人公であるネロと重ねて読んでました。

    読んでて何度もゾクゾクしました。
    ぜひ多くの人に読んでいただきたい一冊です。

  • PDF
    悪魔を出し抜け

  • 習慣と思考をコントロールすることの大切さを学んだ。流される、自分で考えないといった態度が、いかに人生に望まない結果を招いているかを知った。自分の生き方を見つめ直すいい機会になった。

  • (オーディオブック、febe)
    ナポレオン・ヒルの挫折からの回復の物語と、「悪魔」とナポレオン・ヒルの会話からなる。この構成故に引き込まれる。「マスターの教え」では最初とても抵抗があったこの流れだが、本当に底から這いあがる人のためにはどうしても必要な流れなのだと気が付く。

    「悪魔」は何も制約が無いかのごとく、何でも言いたいことを言う。人間社会に属していれば公表したくないことも、ずけずけと言う。それが、この本のだいご味であり、自分を変えようとする私たちに響くのだ。

    オーディオブックで聴き込むのが良い。心に浸透させるには、何度も何度も取り入れる必要があるからである。また、対話なのでオーディオブックの方が分かり易く、聞きやすい。

  • 成功哲学の秘訣を、人の暗黒・マイナス面を支配する悪魔に、その手口だけでなく、支配されない方法まで聞いてしまうという型破りな対話。
    悪魔の手口としては、自分で思考することなく外の常識や権威に「流される」こと。ヒプノティック・リズムにより下らない習慣を繰り返すこと。
    流されないための7つの原則は
    ・目標を明確にすること
    ・自制心を持つこと
    ・逆境から学ぶこと
    ・環境から受ける影響をコントロールすること(交友関係)
    ・時間(否定的な思考習慣ではなく、肯定的な思考習慣を確立し、知恵をつけること)
    ・調和(明確な目標を持って行動することにより自らの精神的、霊的、物理的環境を支配すること)
    ・警戒(実行する前に計画を見直すこと)

    ポジティブな希望をもって、知識をつけて、自らの知恵とし、しっかりと考えた明確な目標を定めて、実行計画を立て・見直し、高い志をもつ仲間とともに意識を共有し、行動していく。
    ヒル博士の考え方だけでなく、シャロン・レクターのコメント(解説)がよいアクセントになっていた。
    悪魔を分化させている点では、個人的に★-1
    16-220

  • 請求記号 159/H 58

  • フォトリーディング後に高速を交えて熟読したが、読まなくても良い内容なのでそれ以上はやめた。「思考は現実化する」を読んでいない人は面白いかも。

  • (流される習慣とは?)……自分の頭で考える人間は決して流されたりはしない。一方、自分の頭でほとんど、あるいはまったく考えない人間は「流される」人間だ。「流される」人間は、まわりの状況に影響を受けコントロールされても、それに抵抗しない。怠惰+無関心=先送り=流される。人生に大きな目標を持っていない。
    (最も重要な告白とは?)……おだてるという行為は、人間が他人を支配したいと思うときに使う最高の餌だ。非常に強い引きが得られる。というのも、そこには人間なら誰もが持っている二つの弱さが働いているからだ。それは虚栄心とうぬぼれだ。
    (ヒプノティック・リズムとは?)……リズムとは習慣の最終段階なのだ! どんな思考もどんな体の動きも、何度も何度も繰り返されるうちに習慣の原理によって、最後はあるリズムを形成する。人間の意識を恐怖で満たすことができれば、その人間を「流される」ように仕向けることなどいとも簡単にできる。どんな習慣も永続的に固定しようとする。
    (引き寄せの法則とは?)……成功した人間はみな、意識的にしろ無意識にしろ成功を期待し、その実現を強く願うことによって、ヒプノティック・リズムを利用しているのだ。
    (代償の法則とは?)……常に明確な目標を持とうとする習慣は人間を「流される」という習慣に引きずり込む。

  • 和図書 159/H58
    資料ID 2013104076

  • 自分が何が欲しいか知っていて、必ずそれを手に入れると固く心に決める。悪魔は優しい人だ。

  • 流されない生き方が大切である。

全13件中 1 - 13件を表示

悪魔を出し抜け!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔を出し抜け!の作品紹介

1938年に書き上げながら、親族の反対により70余年封印されていた「悪魔」との対話。人間の「意識」がもつ可能性を解き明かすナポレオン・ヒル幻の新刊。

悪魔を出し抜け!のKindle版

ツイートする