水平思考の世界

  • 120人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (5)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 藤島みさ子 
  • きこ書房 (2015年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877713379

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
エリック・リース
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

水平思考の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「オススメ」
    水平思考って何ぞ?
    みたいな事を直感的にイメージしたい人におすすめ。事例を元に進むからイメージしやすい。

    「学び」
    結局ロジカルとラテラルの違いがよく分からんかった。ラテラルの方法論があるのだとすればそれはロジカルな気がするし。
    最近仕事で思っている事とも近いような。型化できる思考は模倣できるけど、型化できない思考ってどう再現性を証明するんだ?という。

  • ラテラルシンキングついて分かったような分からなかったような。水平思考って難しいね。

  • 芸術家的な(?)思考と水平思考の違い、というか注意点について触れられているのは大変良心的。

  • 新世界

    水平思考の定義を説明するのは難しいが、
    世の中すべてのことは論理的思考によって解決できると考えていた
    自分にとっては正に新世界だった

    真剣に考える + 遊び = クリエイティブなアイデア

  • 水平思考と対比して垂直思考という言葉を使っているがどうもその単語自体があまりぴんと来ない。

    もっと単純に言えば水平思考はコロンブスの卵の発想であり、さらに別の言い方をするならば「押しても駄目なら引いてみな」ということ。

    水平思考の優位性を説明しようと解説がくどくなっていてちょっと読みづらい。

    それでも思考の柔軟性を得るにはヒントがいくつもあって役立つ部分もけっこうありました。

  • 理性・論理を使った思考(垂直思考)に対して、直感や論理を外す・別の可能性を探る水平思考の有用性・可能性が紹介されている。
    トレーニングで身につけることができることや、いくつかのアプローチは紹介されているが、習得のための本ではないと感じた。
    原著の表現もそうなのだろうが、翻訳が日本語としてこなれていない感じがして読みづらかった。
    16-28

  • ウン十年ぶりに再読。水平思考法の原理を幾何学的に明らかにした不朽の名著。水平思考はゼロベース思考の重要なパーツ。

  • 斜め読み(立ち読み)

    全体的に内容が抽象の域を出なくて物足りない印象ではあった・・。要は「頭を柔らかくして考えろ」で終わると言うか。
    思考は言語に縛られるという主張には同感。

  • デボノがラテラルシンキングを提唱したのは1967年という。
    今だに主流となっている問題解決型の垂直思考の限界を突破するために生まれた手法。
    長らく絶版だったが、ここに待望の新装版が再刊された。

全12件中 1 - 10件を表示

水平思考の世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水平思考の世界を本棚に「積読」で登録しているひと

水平思考の世界の作品紹介

ロジカルシンキングの限界を軽々と乗り越える!不可能を可能にする発明家の視点。絶体絶命と思われる状況でさえ、極めて自分に好都合な状況へと転換することができる。

水平思考の世界はこんな本です

ツイートする