ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

  • 499人登録
  • 3.88評価
    • (16)
    • (26)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
  • 37レビュー
制作 : 村井理子 
  • きこ書房 (2017年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877713645

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外国の登場人物ほど荒んだ冷蔵庫でもないし、わりかし質素であるものでコツコツ自炊してるから、ここまでこうなっちゃう登場人物の気持ちはわからない部分もあるけど、これからは市販品のラベル見る。
    自然界に存在しないものを身体はどうやって消化するんだ?と。

  • 「ダメ女」なんて自分のことも人のことも言っちゃだめだよ!と手に取るたびに思ったけれど(原題を直訳したら「キッチンカウンター料理教室:シンプルなレッスンが、いかにして9人の料理初心者を恐れを知らない家庭料理人に変えたか」だもの)、中身は「うんうんそうだよね」とうなずける気持ちよい本だった。自炊できると自己肯定感が上がるのは、よくわかる。好きなものを好きな味で食べられるというのは小確幸のひとつだから。

    日本では家事にかける時間が長いといわれるし、もっと適当にできればいいのにとも思っている。でも、その点で合理化が進んでいそうなアメリカでは、自分で作りたいのに方法がわからない人がずいぶん多そうで、それもつらいことだ。また、この本に出てくるお料理が苦手な人たちは、料理だけが問題なんじゃないようだった。生活がこんがらかると炊事に手が出ないの、部屋が散らかっちゃうのとたぶん同じことなんだと思う。いまどき、日々気持ちよく暮らすのは国を超えて難しくなりがちなことなのだろう。

    わたしも母から料理を学ばなかったから料理の基本がわからないしレシピだよりだけれど(この本を読むまで、煮込む前に炒める理由を知らなかった)、とりあえず自分の舌を信じて味見をちゃんとしよう、と思った。レシピを見なくても作れるおかずがおいしいのは、視覚的に味見しているんだろうしね。

  • 少し長いなと思うところもあるけど、これはおすすめ。
    そして、絶対読んだら料理のスタイルに影響が出るはず。

    レシピ本が料理の技術書だとしたら、これは料理の哲学書かな、という印象。1回目は流し読み、2回目は紹介されているレシピや手順を自分のスタイルに取り込んでみる。そんな読み方がいいかも。人に薦めたくなる一冊。

  • この本、すごーく面白かった。しかも、自分自身の食生活を見直すきっかけにもなる。でもひとつだけ納得いかないことがある。それは、登場する女性誰一人として「ダメ女」じゃないこと。ただ、料理が苦手なだけ。

  • 料理ができないって本当〜〜にコンプレックスになる。。自信が持てない気持ちがよくわかる。
    冷蔵庫にあるものでサッと作る。これができることがどんなにすごいことか。
    毎日毎日、献立を考えるのがどれだけ大変なことか。私たちはうろ覚えだが、献立を考え計画的に買い物をする、事が出来ていないというのは本当に納得。
    料理の技法は、やはり文章だけだとわかりにくかったり、欧米と違うことも多かったり、今の自分には難しい時間の使い方だったりしたが、自信がつくことでこんなにも変わるのならば習ってみたいと思ったり。

  • そのほうがいいとわかっていながら、なぜ料理をしないのか、どうして出来合いのものに依存してしまうのか、根本のところから考え直し、苦手意識や知識&技量不足をクリアして料理することの意義と楽しさを伝えんとする試みの報告。
    日本の場合、アメリカほどじゃないとおもえる面もあるし、逆にアメリカとはちがう「敷居(ハードル)の高さ」というのもあると思うが、本来はいきることと切っても切れない「調理して食べる」ことに関していろんな問題が出てきているのは先進国には普遍的なのだなぁと思った。

  • このカリキュラムを受講したい!トマト缶や塩のテイスティング、切り身で売られているチキンの見分け、興味深い。そしてジュリア・チャイルドが尊敬されている!経済や健康に悪影響とわかっていても加工品をやめられない“ダメ女”を否定はしないけれど、問題の元凶をさりげなくあばくところもいい。「家族の勝手でしょ!」とかのような糾弾されている感がなくて、安心して読めた。

  • SNSで見かける料理上手の方々の美しい料理に打ちのめされてる方々必見の本だとと思う(自分のこと)

    料理に関する"トラウマ"って結構な人が持っているんじゃないかと思う。

    ただ、それで料理の楽しさから離れ経済効率の悪いもの、成分表示のほとんどを理解できないものを摂り続けるのは勿体ないのでは。

    勇気をもらえる箇所を抜粋。

    「インスタントのツナキャセロールと"トップシェフ"の間にあなたにとって心地よい場所を見つければいいじゃない。焦がしても、落としても、煮過ぎても、生焼けでも、味気なくても、食事のしたくに失敗したって、それでもいいじゃない。たかが1回の食事なんだもの。明日になったらまた作ればいい。100年経てば誰も違いなんてわからないのだから。」

  • いきなり鳥を丸ごとはムリです

  • 無料本だから読んだ。ここに出てくる「料理ができない人」の料理のできなさに驚愕。

全37件中 1 - 10件を表示

キャスリーン・フリンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
山内 マリコ
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室に関連する談話室の質問

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室を本棚に登録しているひと

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室のKindle版

ツイートする