マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミング

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • カットシステム (2014年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877833015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルの通り、GLES 2.0の入門書。
    AndroidとiOSそれぞれ固有の下準備についての解説が少し。その後はAttributeとUniformを使ったシェーダーの基礎とテクスチャの説明、あと行列を使った座標変換についても軽く触れてる。情報少なめではあるけど最近のモバイル端末(Nexus5/7/10、iPod Touch 4th/iPad 3rd)でのglGetIntegervが返す値の比較なども。
    対象言語はC言語ですね。AndroidはNDK前提。Javaでも基本は一緒だし、Bufferの扱いが特殊なのを除けば簡単になってる部分のほうが多いくらいなので、書き換えながら読んでても特に気にならない(けど、自分は初学者じゃないので参考にならない意見かも)。

全1件中 1 - 1件を表示

マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミングを本棚に登録しているひと

マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミングを本棚に「読みたい」で登録しているひと

マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編―Android/iOS対応グラフィックスプログラミングを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする