[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する

  • 33人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 日隅一雄
  • 現代人文社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877983710

[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するの感想・レビュー・書評

  • 単純な印象や陰謀論ではなく、知らないことも多くて面白かった。新聞・テレビ・ラジオが一資本で運営されていることの異常性や、広告代理店が同業種の仕事を複数受託できることの弊害などは、なるほどと思った。
    政治的圧力はそれが為されたと証明するのは難しいものだから、厳にそれが為しえないシステムにすべきだ。

  • うーん 
    事実なんだろうけど、やっぱり独立性がないメディアはまずいな。

  • マスゴミとしか呼ばれないマスコミに対して、その問題は現状の制度・体系などの問題からきているのではという観点などから迫った一冊。
    先日亡くなられた筑紫哲也のこれからの日本への社会的損失の大きさが測られる。

  • マスコミは市民のための真実の報道機関などではなく、単に直接お金を出してくれるスポンサーのための広告塔です。

全5件中 1 - 5件を表示

[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するを本棚に登録しているひと

[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するを本棚に「読みたい」で登録しているひと

[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するを本棚に「積読」で登録しているひと

[旧版]マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのかー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰するはこんな本です

ツイートする