罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践

  • 17人登録
  • 1レビュー
  • 現代人文社 (2011年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877984724

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践の感想・レビュー・書評

  • 刑事司法に関わる上で最低限理解してるべき事の一つだと思う、ただ一口に知的障害と言っても、この本自身認めるように数値化して定型的に対処が決まるものでもなく、要は更生へのステップを、よりその人に即して組み立てていく必要があるというか。
    全く障害に理解ないかに見える判決への批判へは、他の事情等を考慮すると結局、出したいが出せない苦しさがある時もあると言いたいけれど、結論までの過程が判決文ぐらいにしか出ないのだから、考えたなら考えたって事は極力示すべきなのは確か。
    なににせよ、いろんな立場の人が実践的に読めるようにという目的の本。

全1件中 1 - 1件を表示

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践を本棚に「読みたい」で登録しているひと

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践を本棚に「積読」で登録しているひと

罪を犯した知的障がいのある人の弁護と支援—司法と福祉の協働実践はこんな本です

ツイートする