うつむく青年

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 響文社 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877990015

うつむく青年の感想・レビュー・書評

  • 「うつむいて うつむくことで 君は私に否と言う」詩の良さを言葉で語ることは私にはできません。うつむくことで、語りたいのです。

  • 私はこの詩集を自分の部屋の真ん中に立って、弓ケースを背負ったまま音読していました。ひどく泣きながら。かなり不安定な状態だったと思います。明らかに異様な光景だったので。元の位置と近いところに戻って来れた。

全2件中 1 - 2件を表示

うつむく青年を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うつむく青年を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うつむく青年を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うつむく青年の作品紹介

現実に流されていく日常を静かに見つめた青年の瞳。今なお人々を魅了してやまない詩の数々が、詩人自身による朗読でよみがえる。CDには英訳詩、組曲も同時収録。言葉のリズムと美しい旋律。

うつむく青年はこんな本です

ツイートする