ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)

  • 56人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 桐山 芳男  Robert F. Young 
  • 青心社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878923227

ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和図書 933/Y84
    資料ID 2013103054

  • ヤング作品集

     「星に願いを」は難解だ。いまいち意味がわからない。もっと軽いのを想像したんだが、新アダムとイブにしてはややこし過ぎる。

     表題作「ピーナツバター作戦」は妖精エイリアン。かわいいけど、こどもの絵本だな。がっかり。

     ミッシングリンクが異星の犯罪者というアイデアは抜群な「種の起源」。ただし、ストリッパーとのラブラブにオチを持っていくのでSF味はなくなるな。

     「神の御子」はキリスト教色が強い。しかも長すぎる。途中でギブアップ。
       
     そのままラストの「われらが栄光の星」もギブアップ。少し残念な結果だな。

  • 通販して買った本のもう一冊のほうです。

    この編の中では表題作が一番好きでした。あとはちょっと宗教色が強いですね。宇宙クジラの話もそうでしたが。それとあとがきにもありますが作者は何かあの職業の方に思い入れでもあったんでしょうかね?ちょっと不思議に思います。

    読んでいて懐かしく、ほっとするような風景を思い起こさせる短編集でした。長編・中編も是非読んでみたいなあ。

  • 『ジョナサンと宇宙クジラ』とは違った雰囲気。SF感>ファンタジー感のような。

全4件中 1 - 4件を表示

ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)に関連する談話室の質問

ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)に関連するまとめ

ツイートする