玩具(おもちゃ)草子

  • 178人登録
  • 3.24評価
    • (7)
    • (13)
    • (66)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 作品社 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (65ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878934575

玩具(おもちゃ)草子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なつかしい女子の玩具の話。

  • 身近にあった細々したものに関するエッセイ。

    20分ほどであっさり読めて、でも長野さんのこだわりや美意識を、じんわり感じられる本でした。

    挿画もレトロでかわいかったです。

  • たまにはエッセイ。<br />
    時折挟まるレトロな絵を楽しみながらの懐古。確かにいろいろと交換をした憶えあり。

  • 長野まゆみの感性を生んだ、幼少ことが分かるエッセイ。レトロな古裂の図案も楽しい。

  • エッセイ。
    絵つきで可愛い!

  • エッセイ。釦集めしたいなあ

  • 長野さんの昔の玩具や服の端切れ等、古いものに寄せる思い出のエッセイ集。文字と写真の配分が読み易く、古いもの好きにはとても共感できる本です。

  • 表紙と文がマッチしている。
    さすが長野先生。

  • 装丁:松田行正<br>
    <br>
    “愛おしきものたち。幸せの情景。”(帯文より)<br>
    長野さんの玩具や古裂に関するエッセイ集。<br>
    長野さんのエッセイはスマートなのにノスタルジックで好きです。

  • 長野女史が幼少時代にであった「愛おしきものたち」のカタログ。表紙のモスリンからして昭和の濃厚な雰囲気が漂って来る。祖母と買いに行ったと言う千代紙など、昭和の風俗も伺えるのも嬉しい(長野先生若いんですが…)。以前発行された「ことばのブリキ缶」の姉妹刊のようです。
    こういう懐かしくてキッチュで今では手にはいらないものの図鑑に私は弱いみたいですね。

全12件中 1 - 10件を表示

玩具(おもちゃ)草子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

玩具(おもちゃ)草子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

玩具(おもちゃ)草子はこんな本です

ツイートする