イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門

  • 11人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : レベッカ ライト  Sophia Phoca  Rebecca Wright  竹村 和子  河野 貴代美 
  • 作品社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878935619

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門の感想・レビュー・書評

  • 「記号論・ポスト構造主義・脱構築はフェミニズムにとって重要な視点」(あとがきより) ということで、ソシュールから続く主要な流れとともにフェミの軌跡をざくざくと紹介する本。哲学もフェミも苦手なんですけど、イラスト中心なのでさっと読みました。
    ここにきてフェミニズムは発展的解消の時だなと感概を持つ。いや、女の生活レベルでいうと全然ですがね。そこでがんばっても、先がないというか。
    流れとしては老若男女・人類全体としてどこへ向かうかを考える学問になっていくのでしょう。そこでは「フェミニズム」という枠組みは狭すぎる。

  • このバトラーは、簡潔明瞭で分かりやすい。

全2件中 1 - 2件を表示

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門を本棚に「積読」で登録しているひと

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門の作品紹介

「"ポスト"フェミニズム」とは何か?精神分析学、ポスト構造主義、ポストモダニズム、ポストコロニアリズム等の批評理論と交差しながら、理論をさらに先鋭化・深化させ、新たな領野を切り拓いていくフェミニズムの新段階のことである。先鋭化・深化を進める"ポスト"フェミニズム理論の図解による初の入門書。ラカン、フーコーから、バトラー、セジウィックまで。

イラスト図解 “ポスト”フェミニズム入門のペーパーバック

ツイートする