大統領の秘密の娘

  • 11人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Barbara Chase‐Riboud  下河辺 美知子 
  • 作品社 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (612ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878935732

大統領の秘密の娘の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

大統領の秘密の娘の作品紹介

「アメリカ独立宣言」の起草者であり、第3代大統領である、トマス・ジェファソン。「建国の父」と呼ばれるジェファソンには「黒人」の愛人と子供がいた!これは建国史上、最大のスキャンダルと言われ、現代にいたるまで最高のタブーとして公的な歴史から抹殺されてきた。ところが1998年、子孫であると代々語り継がれてきた家族へのDNA鑑定が実施され、全米注目の鑑定の結果、ジェファソンの遺伝子が確認されたのである。「大統領の娘」であることを隠しつづけながら、動乱の南北戦争時代を生き抜いたハリエット・ヘミングズ。本書は、さまざまな史料の探索によって初めて描きだした歴史的ノンフィクションであり、自分を認知しない父への愛、父の奴隷でありつづけた母への愛、欺きつづけた夫への愛を、激しく求めた女性の物語である。

大統領の秘密の娘はこんな本です

ツイートする