銀星ロケット (天球儀文庫)

  • 189人登録
  • 3.67評価
    • (31)
    • (12)
    • (60)
    • (0)
    • (2)
  • 8レビュー
  • 作品社 (1992年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (73ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878936135

銀星ロケット (天球儀文庫)の感想・レビュー・書評

  • 長野まゆみの初期作品。
    天球儀文庫の3冊目。

    今回はイースター前夜の話。
    アビと宵里が珍しく喧嘩をするストーリー。
    よくある友人同士の喧嘩というより、むしろ恋人同士の痴話喧嘩に近いのだが。
    きれいな言葉と描写で、恋人の言動には見えないが、一般的な友人同士とは違う話。
    いやらしくも、気持ち悪くもなく、スムーズに頭に入ってくる。

  • 唐突に読み返したくなって再読。シリーズの3巻目。今くらいの季節の話だった気がしてたけど、完全に春でイースターの話でした。4巻が夏の話だったのは覚えてたんだけど。
    読むのは3~4回目くらいの筈なんだけど、内容はうろ覚えで、断片的にしか覚えてなかった。
    長野さんの初期作品は久しぶりに読み返したけれど、この頃の独特の文体というか文字の選び方というかがやっぱり好きだなと再確認した。内容的には10代の時の方が共感できた気がします。
    装丁も素敵だし鳩山さんの挿絵も素晴らしいのに、絶版になってしまっているのは本当に残念でならないです。

  • 寝る前に読むのにちょうどいいです。

    ちょっぴり幻想的な、砂糖菓子みたいな作品。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    復活祭(イースター)をあすにひかえた午后、
    宵里とアビは市内を循環するトロリィバスに乗っていた。
    イースターはふたりにとって特別な日だった。
    しかも今晩は恒例の《銀星(ルナ)ロケット》の打ち上げもある…。

    *☆*――*☆*――*☆*

  • 長野まゆみ「天球儀文庫」シリーズ。装丁がオシャレ。鳩山郁子さんのイラストも秀麗。
    最近文庫版で「天球儀文庫」として発売されましたが、イラストもないし、当初のオシャレでかわぃぃ雰囲気も台無し。。。。
    中身は同じですが、デザインにこだわるなら4冊シリーズほうをオススメします。

  • これも100円。

全8件中 1 - 8件を表示

銀星ロケット (天球儀文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀星ロケット (天球儀文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀星ロケット (天球儀文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする