ヒルサガリ (青い鳥少年文庫)

  • 215人登録
  • 3.57評価
    • (24)
    • (15)
    • (67)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 作品社 (1999年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878937989

ヒルサガリ (青い鳥少年文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続きものですが、単独でも楽しめるかも。このころの長野まゆみは、どこにもない良さがあったなぁと。

  • 三色団子と胡麻かりんとう、銀ラムネがおいしそうすぎる。

  • 夏に涼しい部屋で読みたくなる。
    出てくる三色卵や胡麻かりんとうがすごくおいしそうなんだよな~。

  • 再…読。春、雨宿との再会と、虹の捕り物。色彩豊かで美しいオハナシです。著者様の手書きエッセイがおまけについていたのが嬉しいシリーズです。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    「きょうは十六夜月だ。いい虹を掴まえられるかも…」
    「だったら銀ラムネの瓶を空けておこう」
    「虹の捕り物か。そいつは愉しみだね」

    著者の撮りおろしの写真が織りなすフォト・ストーリー。

    *☆*――*☆*――*☆*

  • 夏休みに逃げ込んだ、涼しい図書館で読みふけりました。
    懐かしい思い出です。

  • 父の友人である空知先生のお宅へお邪魔する。

    虹を捕まえるとかいう素敵すぎるメルヘン。

    舞台が日本家屋なのも、すごくいい。

    長野作品の夏の蒸し暑ささえ風流に感じる描写と、
    洋館より日本家屋の似合う、品の良い艶のある空気がすきだ。

  • 美しいものを集めた独特の世界観。思春期にハマった作品。

  • 中学生の頃に夏休みの課題で読書感想画というのがあって、その題材に読んだ本。そういえばこれが初めての長野作品だった...写真で構成されてるのも手伝って、読書感想画はとてもはかどりましたとさ。

全9件中 1 - 9件を表示

長野まゆみの作品

ヒルサガリ (青い鳥少年文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒルサガリ (青い鳥少年文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする