日本の名随筆 (別巻3) 珈琲

  • 28人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 清水 哲男 
  • 作品社 (1991年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878938238

日本の名随筆 (別巻3) 珈琲の感想・レビュー・書評


  • コーヒー哲学序説 寺田寅彦著. 珈琲店より 高村光太郎著. カフエ・ミネルワ 斎藤茂吉著. カフェ 吉田健一著. 可否茶館 内田百間著. 喫茶店のこと 淀川長治著. コーヒーのにおいほどの誘惑はほかにないどっさり珈琲の粉を 植草甚一著. 珈琲の話 柏原兵三著. 時間の、四角い箱 蜷川幸雄著. 地下へ通じる 井坂洋子著. 言語疲れからの脱出 鍵谷幸信著. 喫茶店 別役実著. 蝙蝠傘の使い方 種村季弘著. 珈琲 梅田晴夫著. カフェー・パウリスタ 奥山儀八郎著. カフェー 勝本清一郎著. パンの会の回想 木下杢太郎著. 丘の上の家(抄) 田山花袋著. 青春回顧 吉井勇著. あの日この日 77 尾崎一雄著. カッフェ漫談(抄) 広津和郎著. 喫茶店にて 萩原朔太郎著. 『可否道』を終えて 獅子文六著. ミルクホール 永忠順著. コーヒーのある風景 小林七郎著. コーヒー紅茶 小藤田千栄子著. 日本文学に表われたコーヒー 伊藤博著. コーヒーの歴史から(抄) 佐藤哲也著. 珈琲の話 耕八路著. 鼻の話 小島政二郎著. コーヒー飲みの大放浪 宮崎康平著. 喫茶店人生 小田島雄志著. 魚河岸のコーヒー 山口瞳著. コーヒー屋で馬に出会った朝の話 長田弘著. 裏通りのカフェ 清水徹著. アメリカン・コーヒーよ、何処へ行く 村松友視著. ピッツ・バーグの美人 草森紳一著. 喫茶店について 常盤新平著. ふんぞり返って飲むコーヒーの味 森村桂著. インスタントのことなど 清水哲男著.

  • 「宗教は往々人を酩酊させ官能と理性を麻痺させる点で酒に似ている。そうして、コーヒーの効果は官能を鋭敏にし洞察と認識を透明にする点でいくらか哲学に似ているとも考えられる。(寺田寅彦)」

    タイトル通り、珈琲に関する随筆を集めたもの。
    引用した寺田寅彦のものと、田山花袋が國木田独歩の家について書いたものが良かった。
    あの頃は素晴らしかったのに今はというテイストのものが結構多くて少し疲れたが、珈琲は幸せな記憶と結びつくことが多いのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

日本の名随筆 (別巻3) 珈琲はこんな本です

ツイートする