日本の名随筆 (8) 死

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 野坂 昭如 
  • 作品社 (1983年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878939082

日本の名随筆 (8) 死の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 梶井基次郎の死ぬ間際の情景が目の前で起きていることのように感じられ、泣いた。

  • 日本の名随筆8 野坂昭如編 ”死”

  • テーマは「死」。29編のうち中盤は子規、芥川、梶井、太宰など有名文人の死にまつわる随筆が連なる構成になっています。
    題名の多くにも「死」の文字が入り意味深げであるのですが、ここに収めてあるものが名随筆かというと。。。う~ん。。。な内容。
    そんな中でも感慨深かったものは、吉野せい、梶井久の書くわが子の死と、恍惚たる余生からの死を想う野坂自身の随筆だったり。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本の名随筆 (8) 死はこんな本です

ツイートする