アラステア画集

  • 36人登録
  • 4.00評価
    • (9)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 生田 耕作  平田 雅樹 
  • 奢〓都館 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878980282

アラステア画集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世紀末美術の真骨頂。

  • 絶版につき、探し中。と思ったら、隣の町の図書館にあった!図書館愛してる!取り寄せ中。
    だいたいオクで5~6k、もとの定価も6k。(amazonのマーケットプレイスで10k・・・なんであそこ(の出品者)はいつもぼったくり価格なん?
    特装版は五万とな…素敵です。http://www.kosyo-doris.com/SHOP/mcb26.html
    出版社は奢霸都館=サバト館と読むのね。

  • 高校の図書館に置いてあり、一目惚れしました。自分は世紀末芸術を愛しているのだな、と再確認。

  • 「ビアズリーよりもビアズリー的」と言われた、アラステアの画集。
    細密な線に圧倒されます。ビアズリーとは異なり、色のある線画が不思議です。不気味で、エロスのある絵は魅惑的です。

  • これ以上ないというほどのデカダンス。コレを見ればどんなに清清しい朝も、愉快な昼下がりも、爽やかな夜風も、すべてが高貴な憂鬱に沈んでいきます。

  • 鬱蒼、という言葉を思いつきました。

  • どちらかといえばビアズリーよりアラステアのゴテゴテ感が好き

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする