アドルフ・ヒトラーの青春―親友クビツェクの回想と証言

  • 27人登録
  • 3.89評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 橘 正樹 
  • 三交社 (2005年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879191595

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨアヒム・フェス...
アゴタ クリスト...
トラウデル・ユン...
フランツ・カフカ
ロバート・ジェラ...
遠藤 周作
アゴタ・クリスト...
ヴィクトール・E...
デュルケーム
有効な右矢印 無効な右矢印

アドルフ・ヒトラーの青春―親友クビツェクの回想と証言の感想・レビュー・書評

  • 出色の書である。
    ありふれた「普通の人間」でありながら明らかに「普通じゃない」ヒトラーの姿を、ここまで捉え得た記録が他にあっただろうか。よく知られた怪物的独裁者と無垢なる赤子の写し絵を繋ぐ、貴重な証言がここにある。

    実のところ本書で印象的なのは、「二人の男の取るに足りないほう」たる著者クビツェクだ。ヒトラーのほうは、確かにエキセントリックではあるのだが、それはそれとしてごくありふれた「厨二病」患者にすぎない。その男に延々と、変わらぬ誠実さで付き合い続けた著者の奇特さこそ、めったな人間にはない美点なのではないかとさえ思えた。
    ヒトラーに何度も面罵されたという著者は、確かに目から鼻へ抜けるといったタイプではなかったようだ。しかし、ちょっとばかり目から鼻へ抜ける(ヒトラーのような)人間など掃いて捨てるほどいるわけで、この友情からより多くのものを得たのは、明らかにヒトラーのほうだろう。ヒトラーもそれがわかっていたから、三十年後も変わらず慎み深かった友人に、最大級の恩顧をもって報いたのではないか。
    自分は「ただの聞き役」にすぎず、ヒトラーは「はじめからすでにして彼だった」と著者はくり返し言う。そのとおり、ヒトラーは著者と出会ったから独裁者になったのではないし、著者のほうもヒトラーの「最初で最後の友人」でありながら、政治家にも、反ユダヤ主義者にも、かなり後年までナチ党員にすらならなかった。数千万人を熱狂させた男に、著者はいささかも影響されることがなかった。何も生まず何も変えなかった若き日の短い交友は、なればこそ当事者二人にとって、その後の怒濤の運命にも何ひとつ損なわれるところのない、ただ無垢なる「思い出」として残ったのだろう。

    2016/1/10〜1/11読了

  • そりゃあ、友達は殺せないよね。

  • この本が世に出た当時はちょっとしたセンセーショナルが起こったそうだけど、私がはじめて読んだときにも衝撃を受けた。
    ヒトラーが悪人だと思えなくなってしまった。というか、単なる一青年の青春の回顧録としても十分楽しめる。
    今でも何が間違ってヒトラーがああいった道に進んでしまったのか、残念でならない。

  •  ヒトラーの同郷人でヴィーン時代は同居もしていたクビツェクの回想録。彼はヒトラー唯一の「友人」といわれます。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする