シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究 (SKYHIGH文庫)

  • 32人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 階知彦
制作 : 鉄雄 
  • 三交社 (2016年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879191786

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究 (SKYHIGH文庫)の感想・レビュー・書評

  • シャーロック・ホームズとワトソンのような女子高校生が主人公。
    二人以外にもハドソン夫人やレストレード警部の名前をもじった人物たちが登場します。

    探偵役の穂泉沙緒子は美人かつ頭脳明晰な英国帰りの帰国子女。ワトソン役の和藤園子は大人しい性格と外見ながら好奇心旺盛なクラス委員。
    沙緒子は女子版ホームズにありがちなクールビューティーですが、冷たいとかツンデレキャラではなく、事件に関わった人にさり気なく気遣いができる人物として描かれていたのが私的には好印象でした。
    対して園子は理想のワトソンっ子です!沙緒子の推理に驚くリアクションは勿論、意図せず的を射た質問や指摘をするところが正典のワトソン像をしっかり反映しています。園子が沙緒子が考えていることを言い当てて内心喜ぶ描写には、ワトソンのホームズに対する尊敬と親密さと同じものを感じました。沙緒子を女神とベタ褒めするあたりも原作ワトソンそのままです(笑)

    やはり時代と性別を変えても、ホームズと(特に)ワトソンにはこの様な関係であってほしいと思えた作品でした。12月に続編が出てシリーズ化するらしいので今後の二人の活躍が楽しみです。

  • 意外なところで、しっかりとしたミステリに出会いました。
    伏線やトリックはお手本の様で、比較的わかりやすいです。
    ただし、それで終わらず、動機や意外な真相まで物語が進んでいくのはよかったです。
    そして、名前やキャラクターからひしひしと伝わるホームズ愛。いいですね。
    続編もぜひ読んでみたいと思います。

  • 彼女たちは確実に真実へとたどりつく──

    横浜の朝霧学園高校でクラス委員を務める二年の和藤園子は、日曜模試の帰り道に立ち寄ったコン ビニで、不思議な美少女・穂泉沙緒子に出会う。僅かな情報だけで園子のことを言い当て、二人の目の前で起きたコンビニ強盗を鮮やかに解決した沙緒子に強い興味を持つ園子。しかし無事に解決したかと思われた強盗事件は、意外な方向へと転がり始め、平凡だった園子の毎日を沙緒子との非日常へと導いていく――。

  • 現代版女子高生ホームズ&ワトソン。
    ライトノベル特有の、キャラクター萌えだけではないか?という心配は杞憂だった。のっけからシャーロック・ホームズしている。キャラクターの紹介はさっと済まし、推理と事件に入り込んでいくトントン拍子な展開に好感。

    伏線やミスリードは、本格ファンなら大喜びの作品である。強盗事件から始まり、殺人事件に繋がる作者の企みには、ロジックのインパクトより、細やかな構成の妙に酔いしれました。

    近年、ロジカルな若手ミステリ作家が頭角を現していますが、まさにこの作者も、そのど真ん中である。

    ライトノベルの皮を被った、本格ミステリであった。

  • いかにもなキャラ設定だが、嫌味が少なく、読後感がいい。

全5件中 1 - 5件を表示

シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究 (SKYHIGH文庫)を本棚に登録しているひと

シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究 (SKYHIGH文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究 (SKYHIGH文庫)のKindle版

ツイートする