花屋の倅と寺息子 (SKYHIGH文庫)

  • 39人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 葛来奈都
制作 : vient 
  • 三交社 (2016年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879191793

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

花屋の倅と寺息子 (SKYHIGH文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドSとビビリのオカルトキャンパスライフ!

    人懐くビビリな花屋の息子・高爪統吾と、無愛想でドSな寺の息子・柄沢悟は同じ大学に通う友人同士。正反対の性格の二人だが、実は霊が視えるという共通点がある。幼少期の苦い思い出からそのことを隠している悟だが、ある日、合コンの帰り道で統吾と一緒に男の霊に出くわす。「手紙……」そう言い残して消えた霊は、翌日、同じ合コンに参加していた女子大生・遠山美波の背後に立っていた。事情を知り、霊を助けたいと言う統吾に悟も巻き込まれ――。

  • ゼロ年代に流行ったワードがちょいちょい出てくるため節々で笑う。テンポよくすっきり甘い読み応え。
    このような形でこの本に出会えたことを嬉しく思います。

全3件中 1 - 3件を表示

花屋の倅と寺息子 (SKYHIGH文庫)のKindle版

ツイートする