宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)

  • 31人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 八つ森 佳 
  • 三交社 (2017年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879191915

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
高殿 円
有効な右矢印 無効な右矢印

宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログ様から献本でいただきました!ありがとうございます。
    宝石王子とありますが、宝石について語りません。宝石商シリーズも読んでいますが、こちらはファンタジーミステリー?
    宝石のような美男子が好きな方にはオススメします。王子が段々、主人公との距離が近くなっていくといった段階が好きな人には堪らないのではないでしょうか。ミステリーも日常の謎的な事が多く、すらすら読めました。
    おそらく続編も出ると思いますが、次も楽しみです。

  • おしゃべりシェパードの飼い主兼当主は、下界に降臨した天使のように、宝石のように美しい、金髪の若いイケメン男性だった!

    女子高生の主人公が学校で起きた「謎」を、当主に話して安楽椅子探偵のように当主が謎解くシリーズ。当主は幅広い知識があり、自分の一般的な知識では花壇以外の謎は解けなかった。

    どの登場人物も個性的で女友達は学校の人気者、昔話のお姫様のような男子高生などで楽しくもある。明るさと過去の暗さを合わせた作品ですが、恋愛にドキドキしたい女性におすすめします。

  • ”宝石王子”と言っても、L文庫の宝石商のように宝石について語ったりしない。(前置き)
    お話として近いのは桜庭先生の『GOSICK ―ゴシック―』。
    御屋敷に引き籠りの美青年と、人付き合い初心者な女子高生のお話。
    是非とも続編希望!
    紫檀様のアレは、仲睦まじい御両親を、うっすらと見ていたからなんでしょかねぇ。

  • つい最近の新しいレーベルだし、初耳の作家さんだし(失礼)、実はそれほど期待していなかったのだけれど、これは結構好み!ヒットです。主人公がシェパードと会話できる(なぜ話せるシェパードかも訳アリ)とか、キャラ立ちも話運びも無理なく受け入れられた。この続きも絶対に書いて欲しい。(あ、宝石を扱う話ではありませんから^^;タイトル紛らわしい)

  • あなたに謎を提供します。学園ライトミステリー!

    白藤鈴蘭は他人に頼らず生きてきた冷めた女子高生。マ
    ダム風にしゃべるシェパード犬と知り合ったことから、
    街一番の豪邸・三日月家に朗読兼犬の散歩係として雇わ
    れる。その口調からこっそりマダムと呼んでいるシェパ
    ードは、実は当主である紫檀の母親が生まれ変わった姿
    だった。
    10年間屋敷の外に出ていない紫檀の友人になってほしい
    とマダムに頼まれるが、話すきっかけすら掴めず悩む鈴
    蘭。だがある日、学校でいつも優しい英語教師が不機嫌
    だった理由が謎だと鈴蘭が話すと、紫檀は「謎」という
    言葉に興味を示してくれて……。

全5件中 1 - 5件を表示

宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)の作品紹介

白藤鈴蘭は他人に頼らず生きてきた冷めた女子高生。マダム風にしゃべるシェパード犬と知り合ったことから、街一番の豪邸・三日月家に朗読兼犬の散歩係として雇われる。こっそりマダムと呼んでいるシェパードは実は当主である紫檀の母親が生まれ変わった姿だった。10年間屋敷の外に出ていない紫檀の友人になってほしいとマダムに頼まれるが、話すきっかけすら掴めず悩む鈴蘭。だがある日、学校で英語教師が不機嫌だった理由が謎だと話すと、紫檀は「謎」という言葉に興味を示してくれて…。

宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)はこんな本です

宝石王子と五つの謎 おしゃべりシェパードと内緒の話 (SKYHIGH文庫)のKindle版

ツイートする