朱雀の皇帝は柔肌を喰らう (メディアソフトグレース文庫)

  • 24人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 奥山鏡
制作 : 旭炬 
  • 三交社 (2014年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879193032

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

朱雀の皇帝は柔肌を喰らう (メディアソフトグレース文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女体盛り。
    それ以上でもそれ以下でもない、女体盛りの話でした。

    ツッコミどころが多すぎて困るくらいでしたが、そんなファンタジーな部分はさらっと流してしまえば面白い話だと思います。
    私は楽しみました。

  • TLも色々出てるけど女体盛りは初めて読んだ。
    終盤、皇帝が必死に普通の食事をしようとするところは
    滑稽でもあり中々鬼気迫るものもあった。

  • 特にあらすじを読まずに買ってしまったのですが、読む前にあらすじを見て、これってもしかして女体盛り?って思ったら、ほんとにそうだったんで、びっくり。

    いきなり「皿になれ」も驚いたし、その皿を作るまでにも何人も専任の人がいるのにもびっくり。

    まあ、最後の方には、なんでそういう皿が必要だったかっていう理由が書かれていて、それが分かるとそれまでの陛下=変態っていうイメージがちょっとマシにはなりますけど、読み終わってよくよく考えると、やっぱり変態かも・・・。

    いくらあの理由でも2000人の皿はいらないと思うし、そもそも女体盛りで食欲が出るってのもなんだかなぁ。食べ物を粗末にしている感じがして、私的にはダメでした。

  • 皿って、酒杯って、そういうことだよね!?とあらすじに衝撃を受けて読みました。ヒロインの肌や体の描写がおいしそう(というとあれですが)で良かった。ヒーローの好意が唐突な気もしたけど皿の経緯を考えると無理もないのかな。ラストでああなって本当に良かった。エピローグでは、おいおい!大丈夫なの!?と思ったけれど(笑)

  • 甘いが、ヒーローが変態っぽい。

全5件中 1 - 5件を表示

朱雀の皇帝は柔肌を喰らう (メディアソフトグレース文庫)の作品紹介

「おまえは感じやすいな。くせになりそうだ…」母の病を癒すために朱国王、炎琳の『白雪の皿』になることを承諾した雪香。銀製の盆の上、透き通るように白い肌の上に盛りつけられた蟹や蝦蛄の蒸し煮、家鴨の肉、そして乳首に巻かれた赤貝…美しい国王は箸でつまみ上げた料理を雪香の肌に擦りつけるようにして貪り喰らう。そして食事の後は、正座して膝の上に酒をそそがれ…食欲と性欲が渦巻く極彩色エロティックロマン!

朱雀の皇帝は柔肌を喰らう (メディアソフトグレース文庫)はこんな本です

朱雀の皇帝は柔肌を喰らう (メディアソフトグレース文庫)のKindle版

ツイートする