囚われの姫と黒の覇王 (ガブリエラ文庫)

  • 20人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 火崎勇
制作 : 池上紗京 
  • 三交社 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879193087

囚われの姫と黒の覇王 (ガブリエラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり、火崎勇さんの作品にはハズレがないです。しかもイラストは池上紗京さんで、アヴァンはかっこいいし、ルーシアもきれいで、買ってよかったーって思いました。

    双子が忌み嫌われた国の王女として生まれ、母である王妃と共に、生まれたときから塔に囚われていたルーシア。なんでここまで?って思うくらい、父王の仕打ちはひどすぎます。

    心を病んだ王妃が塔から出された後は、たった一人で塔に暮らし、知識は本から得られるものだけという中、妹であるエレシアと勘違いして、アヴァンが塔に忍び込んできたところから、ルーシアの人生が変わってきます。

    エレシアと間違って純潔を散らしてしまったと、アヴァンは反省し、塔に囚われている状況など、ルーシアの話を聞いて、最初はたぶん同情だったんでしょう。でも慎ましいルーシアにだんだん惹かれていくアヴァンと、アヴァンに惹かれるルーシア。胸がキュンキュンしました。

    ほんと、幸せになって欲しいって思う二人でした。
    満足です。

全1件中 1 - 1件を表示

囚われの姫と黒の覇王 (ガブリエラ文庫)の作品紹介

「思い知らせてやろう。蹂躙され踏み躙られることの辛さを」塔で暮らすルーシアはある夜、忍んできた男に未知の快楽と苦痛を与えられる。だが彼女はその行為の意味を知らなかった。再度塔を訪れたアヴァンは何も知らないルーシアに様々なものを与え教えてくれるようになる。アヴァンにまた触れてほしいと願うルーシア。彼女を大切に思うからこそそれを拒むアヴァンだが、二人きりの濃密な時間の中、想いは高まってゆき-!?

囚われの姫と黒の覇王 (ガブリエラ文庫)はこんな本です

囚われの姫と黒の覇王 (ガブリエラ文庫)のKindle版

ツイートする