覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : すずね凜
制作 : ことね 壱花 
  • 三交社 (2015年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879193186

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 両思いでラブラブだけどある理由によって行き違い、罰を受けるお話。
    木馬、張形、A

  • ―読了。最後まで期待を裏切らず、楽しませていただきました。―

    まだあと少し残っているので、この段階でのレビューは反則かとも、、、

    ☆互いを想い合う皇帝と妃睡蓮の姿にまず、心を打たれました。―こう書くと、もの凄くありたきりなんですが、本当に良いなと思いました。
    睡蓮は皇帝のために生命を賭けた呪術をその身に受け、己れの生命と引き替えに皇帝の名誉と国の未来を守り抜きました。しかし、その契約はけして誰にも洩らしてはいけないもので、皇帝は睡蓮の心が自分から離れたのかと勘違いし、彼女を監禁し無理に意に従わせようと辱めました。
    結局、その疑いは晴れ、皇帝は睡蓮にかけられた呪いを解くには逆に自分の生命を引き替えにするしかないと知り、彼女の飲もうとしていた毒をあおりました。

    二人ともに、自分の生命を捨てても惜しくないと思い、それをためらわず実行に移したのですね。
    ハードな描写が多いにも拘わらず、この作品が読者を感動させてくれ、全体的に心を打つ秀作に仕上がっているのは、ひたすら相手を思う捨て身の愛の気高さが作品全体を流れているゆえだと思います。
    ただ、一つだけいえば、逆に不必要かと思えるほどの皇帝が彼女を辱めるシーンが多すぎ、また度を超えるシーンもあって、それが残念です。しかし、レーベルの特色上、そういうシーンはお約束なのでしょうし、それは仕方のないことかもしれません。
    とにかく、一つ間違えば、ただのエロ小説になりかねないのが、それを殆ど感じさせない感動純愛物語りになっているのは作家の力量だと思います。
    とても良い勉強にもなりました。

全2件中 1 - 2件を表示

すずね凜の作品一覧

すずね凜の作品ランキング・新刊情報

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)を本棚に登録しているひと

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)の作品紹介

国の災害を憂う皇帝・青龍のため、生贄としてその命を捧げることで余命半年となった睡蓮。呪いの誓約のため愛する青龍にそれを告げることもできず国を去ろうとするが、彼女が心変わりしたと誤解した青龍は、激昴し彼女を監禁していまう。朝な夕な性具や媚薬で睡蓮を激しく責めたてながらも苦しむ青龍を見かね、睡蓮は彼の自分に関する記憶を消すように呪術師に頼むが!?

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)はこんな本です

覇王の拘束愛 後宮の淫夜は甘く激しく (ガブリエラ文庫)のKindle版

ツイートする