超訳カント―時代を照らすカントの言葉 (マーブルブックス)

  • 33人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : I. Kant  早間 央 
  • マーブルトロン (2011年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879196453

超訳カント―時代を照らすカントの言葉 (マーブルブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カントの哲学は難解だ、と何度も聞いた事がある。
    でも超訳なら分かりやすく書かれているのではないかと思い手に取りました。

    カントの言葉は厳しく鋭いが
    愛に溢れていると感じました。

    目からウロコだった考えは
    人には人が必要だという項目。
    私はカントと逆の考え方を持っていたので
    この項目を最初読んだ時は共感出来なかったのですが、少し考えて納得出来ました。

    哲学に興味がある方はもちろん、カントの哲学は難しいと思っている方に是非読んで頂きたいです。

  • 昨年・一昨年とニーチェやゲーテ、マルクスの「超訳本」がブームを呼び起こしている。あまつさえ読むと「難しい」と思いさえする本が、かい摘んで訳されるため、分かりやすい人もいれば、本来の良さを失ってしまうと嘆くひともいる。
    本書もその「超訳本」の一つであるが、「啓蒙哲学」の生みの親であるイマヌエル・カントの哲学の名言を散りばめられている。「啓蒙」や「哲学すること」、「受容」や「尊重」などを中心としており、本書とともに、超訳ではない本とともに読んでみると難しいものも少しは読み解けるかもしれない。

  • 知人が本を出したということで早速拝読。
    読んだだけで背筋が伸びるというか自分が清く正しい人間になったような気になる。真面目・厳格一辺倒でないところがまた面白い。
    折に触れ、開いてみるとその都度発見がありそうな気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

超訳カント―時代を照らすカントの言葉 (マーブルブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

超訳カント―時代を照らすカントの言葉 (マーブルブックス)の作品紹介

世界の暗闇を切り開くのは「思考」という光。哲学によって人間の進歩と成長を促したカントの言葉が、あざやかな「超訳」でよみがえる。

超訳カント―時代を照らすカントの言葉 (マーブルブックス)はこんな本です

ツイートする