皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)

  • 4人登録
著者 : 雛宮さゆら
制作 : まつだいお 
  • 三交社 (2017年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879199850

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)を本棚に登録しているひと

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)の作品紹介

幼い頃より頭痛持ちの文章博士、最上夜藤春には、物の怪が見えてしまうという厄介な力が…。そんな藤春の秘密に気づき、なぜかやたらと懐いてくるのはかつての教え子で今をときめく鍼師、佐須貴之だ。藤春は貴之に乞われ、五条橋に現れるという女の霊の謎を追うことになるのだが…なんとそこには帝の妃の死が絡んでおり、しかも貴之の正体は皇子!?真実を探るべく、藤春は嫌々ながらも女装して後宮に潜入するはめに…。

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)はこんな本です

皇子のいきすぎたご寵愛~文章博士と物の怪の記~ (ラルーナ文庫)のKindle版

ツイートする