悪霊 (1) (心と人間シリーズ)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高橋信次
  • 三宝出版 (1980年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879280107

悪霊 (1) (心と人間シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 騙して金儲けをするオカルトとは一線を画する本。
    ゾッとした。
    間違った信仰や題目の上げかたについて、「かなり多くの宗教がこの過ちに陥って盲信になっている」と感じる次第。
    ほとんどの人は受け入れられないだろうし、突っぱねるだろうし、わたしも拒否反応があったが悪霊がないと説明のつかないことが多い。
    信じられないだろうが読んでほしい。

  • 正直、コワい内容だし半信半疑だったりもあるか、ここに書かれた内容で説明がつくものも多々ある。
    知識としてだけでも読んでおく価値あり。
    YouTubeにまさにこの中に記載ある高橋氏の除霊映像がアップされておりますが、映像で観るとこれが本当ならなんてコワいのだろうと背筋に冷や汗がっ。
    最近はここにあるようなあからさまな憑依現象は、神や悪魔や霊といったモノをすんなり信じている方が少なくなったせいか減ったかもしれないが、見方によればある種の精神の病などは憑依という視点で考えると分からんこともない。

    何より、クヨクヨしたり妬んだり恨んだりネガティヴでいるコトは良くない、その理由ともなる。

  • 興味深かった。

全3件中 1 - 3件を表示

悪霊 (1) (心と人間シリーズ)を本棚に登録しているひと

悪霊 (1) (心と人間シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪霊 (1) (心と人間シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする