果てなき荒野を越えて

  • 18人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高橋佳子
制作 : KEI OGATA 
  • 三宝出版 (2011年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (68ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879280633

果てなき荒野を越えての感想・レビュー・書評

  • こどもが行って一回100円で自由に参加できるフットサル場にあった詩集。
    二つ、心に響く詩があった。

  • チェック項目6箇所。復旧、復興を実現するには・・・私心を捨て、自分を横においても人々のために何かをしたいという想いと志が絶対に必要。被災地だけでなく、元々生きる世界は荒野と呼べる。苦しみと悲しみはいつも人の傍にある、その悲しみがすべてを目覚めさせその苦しみがすべてを新しくする。壊れても新しい何かが生まれることを信じる。一人一人の中に世界を変える力がある。いつでも明日を見つめる人々に学ぶ、今苦難を背負う人々に応えていく。つまずいたらゆっくり立ち上がる、失敗したら力を蓄えてやり直す。

全2件中 1 - 2件を表示

果てなき荒野を越えてはこんな本です

ツイートする