東京都主税局の戦い―タブーなき改革に挑む戦士たち

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 財界研究所 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879320209

東京都主税局の戦い―タブーなき改革に挑む戦士たちの感想・レビュー・書評

  • 石原慎太郎元東京都知事の主導の下、東京都主税局を舞台に繰り広げられた銀行への外形標準課税の導入、都独自の税調の設立、不正軽油の撲滅への取組みなどの「改革」の実態を描いたノンフィクション。
    かなり話が盛られている感はあるが、迫真の記述で読み物として面白い。改革派知事の下で、地方から国を動かそうという地方公務員の躍動的な働きぶりがよく伝わってくる。こういう仕事ができたら楽しいだろうなと率直に感じた。
    ただ、最終的に、銀行への外形標準課税は裁判で都側が敗訴に近い結果になったという現実もある。「改革」は結構なことだが、イケイケドンドンではなく、もう少し慎重な検討が必要だったのではないかという気がする。
    本書を通して、著者は石原都政の肩を持ち過ぎだという印象がぬぐえなかった。
    また、石原知事の下、どうして『三ず主義』だった職員たちが改革に目覚めたのかという過程がいまいち伝わってこなかった。大きな課題を与えられたことが、都庁職員の刺激になったということだろうか。
    さらに、著者の地方財政制度、特に地方交付税への理解は一面的に過ぎるのではないかとも感じた。官僚が、中央集権体制を維持しよう、また、既得権益を守ろうとして地方交付税制度を死守しようとしているという理解はかなり偏ったもののように思う。

  • 対策のため読もうと思っていたけど、もう必要なくなったし、積読にしておく。
    きっと、結局裁判で負けた外形標準課税の話を、都の立場から正当化して書いたプロパガンダなんだろう。

  • 何というか、義務感で読みました。ドキュメンタリー風で思っていた以上に読みやすかったですが、ニュースである程度詳しく追っていた人にとってはそれほど新しい情報はないかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

東京都主税局の戦い―タブーなき改革に挑む戦士たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京都主税局の戦い―タブーなき改革に挑む戦士たちを本棚に「積読」で登録しているひと

東京都主税局の戦い―タブーなき改革に挑む戦士たちはこんな本です

ツイートする