日本の色辞典

  • 285人登録
  • 3.65評価
    • (32)
    • (11)
    • (64)
    • (2)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 吉岡幸雄
  • 紫紅社 (2000年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879405494

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
安部 公房
三島 由紀夫
高橋 健司
ウンベルト エー...
白石 昌則
ネイチャープロ編...
サン=テグジュペ...
谷崎 潤一郎
ほし よりこ
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の色辞典の感想・レビュー・書評

  • 日本古来のさまざまな色を、美しい写真とその色の作り出し方とともに紹介する本。

    色を作り出す材料には、顔料と染料があるという。顔料は金属の酸化したものか硫化物、染料は水に溶けて繊維の中に入り込んでいくものをいうのだそうだ(本書巻末の「色をあらわす材料」より)。
    著者は染織家であるので、本書では、後者に重点を置いて解説している。

    非常に美しく、興味深い本である。
    赤は(夜が)「アケル」、黒は(日が)「クレル」を語源とするそうだ。
    本書では、赤系・紫系・青系・緑系・黄系・茶系・黒白系・金銀系に分け、夥しい数の色が取り上げられている。
    赤だけでも、朱色、珊瑚色、梔子色、紅梅色、柿色、紅など50種を越えるとりどりの色味がある。すごいのはその色見本を実際に染めて載せていること。
    植物染めについては、巻末の解説に少々説明されているが、材料集めから抽出、染色に至るまで、とにかく手間暇の掛かるものであることが窺える。
    その手間を掛けても、昔の人々は美しい色を作り出そうとしてきたのだな、と感心する。
    平安時代後期の鎧兜の茜染はいまだに色鮮やかで、明治に修復した際の化学染料の部分が白っぽく退色してしまっているのを見ると、古代の技術の高さに唸らされる。

    色とりどりの写真を見ているだけでも楽しいが、著者の解説がまた興味深い。
    色の元となる分子が何であるとか、媒染液に酸が入るとこのような色でアルカリだとこのような色だとか、鉄分が色にくすみを加える等、色というものを科学的に見ている。なるほど、色というのは化学反応なのだ。著者自身、染色をしているので、実践に根差し、かつ理論的にも深く考察している点が信頼できる感じがする。
    一方で、『延喜式』『万葉集』『源氏物語』などの文献を読み込み、その中に登場する色について考察している。
    古来の色に関する著者の研究姿勢を感じさせてすばらしい。
    色味については、残されていないものに関しては著者の推測が混ざっているものもあるようだが、その旨、はっきり書いているところがまた真摯だ。

    巻末の解説群も興味深かった。

    *五行思想の話がおもしろかった:木火土金水(もっかどごんすい)はそれぞれ、青赤黄白黒に対応するのだそうだ。

    *黒の中に、吉岡憲法(直綱)ゆかりの「憲法黒」(黒褐色の染め物)が取り上げられている。憲法は吉岡清十郎かとも言われる人物(但し宮本武蔵に敗れたくだりは創作である可能性が高いらしい。このあたり、なにが史実なのかはっきりしない点も多い模様)。
    私は聞きかじって、著者自身が直系の末裔なのかと思っていたのだが、どうもそういうことではないようだ。吉岡一門は、江戸時代には兵法を捨て、染色業に携わるようになった。吉岡染は非常に流行り、分家して染色業を営む家も多く、一時期、「吉岡」といえば染屋の代名詞のようなものだったのだそうだ。
    ということで、「吉岡一門のゆかりの家」というくらいが適当かと思われる。

    *本書中、特に、源氏物語への言及が多いが、源氏についてのみ取り上げた『源氏物語の色辞典』も美しい本です。

  • 美しい日本の色。眺めるだけで幸せです。

  • ・「古今和歌集」「竹取物語」「源氏物語」などの文学の基本となったのは三方に囲まれた京都の美しい自然景観。四季それぞれにこまやまに移り行く草木花の彩りをいかに俊敏にとらえて表現するかということに力が注がれた。その自然界の色の移ろいは宮中に暮らす人々の衣装や調度などさまざまなものに取り入れられた。

  • 京都で染めの老舗を営む吉岡さんの本。

    日本の色名は美しいものが多い。
    その色名がどうやって付けられて、どうやって染められたのか、かつての技法で再現しながら解説してくれる。
    また、その色が過去の日本人にとってどういう意味があったのかも解説してあり、おもしろい。

  • [図書館]
    立ち読み:2012/3/1

    紙がツヤツヤで色見本が大きめなところが良い。

  • 見た目より重くてビックリした本。見たくなったら図書館で借りている。読むというより色の名前と写真を見ているだけで幸せな気持ちになる。いい加減買えばいいのかもしれない。

  • 素晴らしく美しい本です。日本人が培ってきた色への深い感性が伺えしれます。

  • 「この本持ってみて」と人に渡すとみんなびっくりする。重くて。

  • 染色の際にお世話になっている本です。

  • ?
    えっと、、、
    おもしろそうですが、
    中身見てないのでなんとも。。。

    だけど、十二単かくときの色塗りの参考までに

    図書館でかりようかな

  • 見てるだけでホクホク!加えて日本だけじゃなく世界の染色の起源も盛りだくさん。ユスティニアヌスにここで出会うとは思わなんだ
    臙脂の説明の冒頭に失笑。

  • 深い研究を感じる内容ですばらしい辞典です。誰かがおもしろいと思って研究して作り上げたものがおもしろくないわけない、の法則

  • 色の和名にときめき。

  • 日本の文化、そして美ってなんて素晴らしいのでしょうか。
    襲の色目がたくさん載っています。
    染色する人たちが染め上がる過程を
    どんなにか喜んで仕上げていくかが
    思い浮かびます。

  • 色って沢山あるんです。

  • その圧倒的に美しいカラー写真とともに、見るものを日本独自の伝統的歴史と美意識の世界観の素晴らしさへ引き込む一冊。

  • こんなにたくさんの色とその色のためのすてきな名前があることを知り、私は日本人であることをうれしく思う。

  • 色彩を観る。日本を織る。466色。日本の伝統色を植物染料で再現し、最新ダイレクト製版で見せる。

  • 分類=色彩・日本。00年6月。

  • 豊かな日本語、ってやつがちょっとだけ見られる本。感性を磨きたいです。

  • ホント、きれいな色〜ながめてたのしくて、色の名前を読んでまたたのしい。こんなふうに色の名前を呼んでみたい。

  • 目に訴えかける1冊であると共に日本の細やかな表現を垣間見ることが出来ます。

全29件中 1 - 25件を表示

日本の色辞典のKindle版

ツイートする