1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復

  • 14人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 橋本圭司
  • 法研 (2009年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879547736

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復の感想・レビュー・書評

  • ページ:126p.
    NDC9:493.73(脳・脊髄・神経系の疾患)
    橋本圭司=国立成育医療センターリハビリテーション科
    目次: ○ 参考文献: × 索引: × 図表の量: 多
    【この本が対象とする読者層】 脳血管障害、脳損傷、高次脳機能障害があり、自宅療養中で症状の軽い患者

    【レビュー作成者が感じたおもな読者層】 家族: ○ 患者: ○ 一般: ○ 小児: ○
    【内容】 リハビリに関係している人は勿論、関係ない人にも一読をすすめる本 - 主な対象は、高次脳機能障害があり、自宅療養、しかもある程度自分で動ける症状の軽い患者を対象をしているが、リハビリの環境作りや、リハビリ本来の意義や安全な進め方といった基本事項は他の患者にも有用である。また、第1章のリハビリテーションの心得によく出ているが、リハビリとは「完全にもとの状態に戻ること」のみを目標としているのではなく、「再び適した状態になること」元には戻らなくても日常支障がない状態を目標とするということに筆者の心情がよく出ている。またリハビリとは病院で解決するものではなく日常生活の中でいかに取り組み生活の中に取り入れるかが重要という筆者の主張は現在リハビリに関係ない人でも注意すべきところであろう。その意味で、リハビリを今行っている患者や家族は勿論のこと、学校や家庭などで広く読まれても良い本である (岡田英孝)
    【整形外科, 骨・関節の病気とけが, リウマチ】

  • 語りかけてくる文体、明解なステップごとの構成を通して、本全体でリハビリに対する心構えが知らぬ間に身につきそう。
    何より、人と関わる際に自分自身が抱えている問題点に気づかされ参りました。

全3件中 1 - 3件を表示

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復を本棚に登録しているひと

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復を本棚に「読みたい」で登録しているひと

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復はこんな本です

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復のオンデマンド (ペーパーバック)

1人でもできるリハビリテーション―脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復のKindle版

ツイートする