スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家

  • 11人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡邉芳樹
  • 法研 (2013年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879549983

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・超個人主義の国
    ・かつてほど高福祉・高負担ではなくなっており,近年低下傾向(それでも44%くらいの社会保障給付費。日本は20%台後半)
    ・労働組合率が高かったが,近年低下傾向にあり70%(日本は20%程度)
    ・分権国家。建前上,国は報告書などを作り,必要な自治体に投資するが,あとは自治体が勝手にやり,失敗しても国は謝罪しない文化(ただし,実際上,マスコミ等に政治家が批判されることもある模様)
    ・積極的労働市場政策。ただし雇用保険は減額傾向(7~8割だったのが5割程度?に落ちている)
    ・労働者の申し出により,67歳まで勤務延長できることになっているが,69歳までとする案も検討されている模様。
    ・日本と比較すると,年金,医療費などの給付はほとんど変わらない。障害者,家族,積極的労働市場政策による支出割合が大きい。
    ・年金は,社会保険(賦課及び積立)と税方式の二段階。
    ・勤勉・まじめで内気。日本と性質はにているが,個人主義の観点では異なる。
    ・給料がなくなったら,1か月で生計が成り立たなくなる割合は10%。ほとんどの人が半年もたない。

  • 福祉国家→高い税金→ノブレス・オブリージュ。。。つまり、稼いだ人が真っ当に義務を果たしているってコトなんでしょ?(短絡的お莫迦ですスミマセン)
    と言いつつ、ニューズウィークの記事
    暴動で露呈したスウェーデンのひずみ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/06/post-2951.php

    法研のPR
    「"次世代未来志向"のスウェーデンは、進化を続け、強靱な国家と社会を形成しています。
     本書は、在スウェーデン日本国特命全権大使である渡邉芳樹氏が、まだ十分に知られていないスウェーデンの保守中道政治下での「静かな変革」や「国家社会の姿」について、多面的に研究し、集大成としてまとめあげた緊急レポートです。
     スウェーデンに関する最新資料が満載で、"スーパーモデル"としてのスウェーデンに学ぶには最適の一冊となっています。ぜひお手元にお備えください。」

全2件中 1 - 2件を表示

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家を本棚に登録しているひと

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家を本棚に「積読」で登録しているひと

スーパーモデル・スウェーデン 変容を続ける福祉国家はこんな本です

ツイートする