二つの伝説 (東欧の想像力)

  • 11人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Josef Skvoreck´y  石川 達夫  平野 清美 
  • 松籟社 (2010年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879842886

二つの伝説 (東欧の想像力)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チェコのジャズ。

  • [ 内容 ]
    狂った時代だったけれど私たちにはジャズがあった―圧政下のチェコで歌いあげられた二つの伝説―「エメケの伝説」「バスサクソフォン」は、ナチスもソ連も憎悪した音楽・ジャズにのせて、満ち満ちる閉塞感のなかで、生がはかなくもきらめく一瞬をとらえる。
    ジャズに憑かれた作者の回顧エッセイ「レッド・ミュージック」併録。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全2件中 1 - 2件を表示

二つの伝説 (東欧の想像力)に関連する談話室の質問

二つの伝説 (東欧の想像力)を本棚に登録しているひと

二つの伝説 (東欧の想像力)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

二つの伝説 (東欧の想像力)を本棚に「積読」で登録しているひと

二つの伝説 (東欧の想像力)の作品紹介

狂った時代だったけれど、私たちにはジャズがあった――
 圧政下のチェコで歌いあげられた二つの伝説「エメケの伝説」「バスサクソフォン」は、ナチスもソ連も憎悪した音楽・ジャズにのせて、満ち満ちる閉塞感のなかで、生がはかなくもきらめく一瞬をとらえる。
 ジャズに憑かれた作者の回顧エッセイ「レッド・ミュージック」併録。

二つの伝説 (東欧の想像力)はこんな本です

ツイートする