火葬人 (東欧の想像力)

  • 120人登録
  • 3.64評価
    • (6)
    • (10)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 阿部 賢一 
  • 松籟社 (2013年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879843128

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード ブロ...
ミハル・アイヴァ...
アゴタ クリスト...
フェルディナント...
三浦 しをん
アーナルデュル・...
アゴタ・クリスト...
アンナ・カヴァン
ジェイムズ・P・...
ピエール ルメー...
フェルディナント...
ティムール ヴェ...
トム・ロブ スミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

火葬人 (東欧の想像力)の感想・レビュー・書評

  • 訳者の阿部賢一さんが、あとがきで、フクスの回想録の次のような一文を紹介している。

    『探偵物や犯罪物、あるいはホラーといったジャンルは、思慮深く、そして趣味よく手が加えられていれば、文学的な価値を低くするものではない』

    その通り、本作はホラージャンルでありながら、純文学としての価値も併せ持つ、小説として最高の逸品です。

    舞台は1930年代後半のプラハ。
    ……と、なると……まず簡単に想像する「恐怖」は、彼らに忍び寄る足音と、迫害の未来でしょう。しかし、本作はそこが中心ではなく、最愛であった筈の、ユダヤ人の妻を殺してしまうに至るまでの主人公の心理変化を、なんとも不気味なセリフでもって、陰鬱に、グロテスクに描かれたホラー小説です。

    一行目から、『優美なる妻よ』とあるように、主人公のコップフルキングル氏は、家族を呼ぶ際は、『いとしい』や、『天使のような』や、『大切な』や、『美しい』といった呼び方を、繰り返し繰り返しします。いかがわしいほどに繰り返されます。
    そしてこの蓄積が、終盤にコップフルキングル氏が発するたった一言で、一気に恐怖となって襲い掛かってきます。そこからは、主人公の狂気に巻き込まれて、読者は極上のホラー感覚を体験していくでしょう。

    今年、これからあと何冊読むか分かりませんが、間違いなくベスト5に入る傑作でした。

    日本のホラー小説(もはや小説ですらない作品)が、ぜんぜん恐くない、とお嘆きの方は、ぜひご一読を(^-^)

  • コップフルキングル氏は、自分というものがなにもない。

    理想の父親、理想の夫を演じ、他人の言うことを繰り返す。そんな自分に満足している、コップフルキングル氏。妻以外の女性と関係を持っているわけではないのに定期的に性病検査を受け続けるコップフルキングル氏。火葬場で働き、人生で唯一確かなのは死だと言うコップフルキングル氏。自宅の居間に火葬に際してのスケジュールを掲げ、世界中でもっとも高貴な時刻表と称してはばからないコップフルキングル氏。

    「何を言ってるんだ、このオヤジは」終始そんなセルフをつぶやきながらベージをめくっていた。

    コップフルキングル氏は友人の勧めでいつしかナチ党の一員になり、ユダヤ人迫害に身を投じる。そのことに対して悩みもしなければ自分が悪いと思うこともない。ユダヤ人の知り合いも多いし、妻にもユダヤ人の血が流れている。ユダヤ人にも良い人はいるのになーと思ってはいるものの、その考えがナチ党としての彼の行動の妨げになることはない。ユダヤ人の血を引く愛する妻と息子を手にかけても、苦しむことはない。自分のせいではないし、仕方がないことだから…。

    徐々に変わっていく、いや本人は何も変わらないのにその変わらなさゆえにナチスに取り込まれていくコップフルキングル氏の言動を見て、ルドルフ・ヘスの手記『アウシュヴィッツ収容所』を思い出した。ヘスの手記を読んで感じた身勝手な自己肯定感をコップフルキングル氏にも感じたのだ。吐き気がする。

    ただ、ブラックコメディ系のヒッチコックの映画のようなユーモアもあるので、陰鬱すぎることはない。むしろユーモラスさが不気味さを助長している。

  • 第二次世界大戦直前のチェコで始まる。主人公はドイツの血をひくコップフルキングルという火葬人なんだけど、そのうちにナチスに取り込まれてユダヤ系の奥さんと子を手にかけるという話。なんかロボットのような主体性を感じない主人公とちょくちょく出てくる体格いい杖の男とヒステリーな女が不気味。

  •  「苦しみは取り除かれねばならない、少なくとも和らげ短くしなければならない」という確固とした信念を持つ主人公が、ナチスの思想に呑み込まれていくまでの推移が描かれる。

     どんなときでも優しい笑みを浮かべている主人公の姿は、善き夫/父/友の理想像そのものではあるが、終盤の展開においてはおぞましさしか感じ取れなくなった。
     途中3度も現れる喜劇めいた夫婦のやり取りも、独善的に「常識」を押しつけ妻を否定する夫の態度が実は、主人公の本質を示唆するものだったように思える。

     同じ言葉の繰り返しが多いのも、とても不気味だ。

  • ふつうの人間に潜む狂気。

  • [ 内容 ]
    グロテスクな恐怖が日常を侵蝕していく、恐怖がページから立ちのぼる。
    ナチスドイツの影が迫る1930年代末のプラハ。
    葬儀場に勤める火葬人コップフルキングルは、愛する妻と娘、息子にかこまれ、平穏な生活を送っているが…。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 『「これまで以上にね、そうすれば全てが今まで以上によりよく、迅速に行われる。一見したところ難しそうに思えるかもしれないが」コップフルキングル氏はテーブルのほうに笑みを浮かべた。「実際はそれほど難しくはないんだ。この番号は葬儀の順番を示している」』

    少しだけ台詞掛かった会話の一文が、徐々に倒錯者の独白のような響きを帯び始める。その奇妙な感じの根底に、真面目な性格故に不器用な人が自然と持つ好もしさと、原理主義的な志向が指し示す冷血な真の顔の冷ややかな眼差しを、同時に感じ取る。この恐怖は過去形でのみ表されるものはない。そのそら恐ろしいものは彼岸ではなく此岸に巣食うもの。そんな理解に行きついてしまうと、人が誰しも持つ二面性が、日常の表面的な平穏さの直下で黒々と蠢く様が頭から離れなくなる。それは単に過去のものでないというだけではなく、他人様のことと割り切ってしまうこともできないこと。自分の血の中にも脈々と流れている狂気でもあると覚悟するしかないことなのだ。

    第二次大戦下のヨーロッパに留め置かれたユダヤ人という文脈で直ぐに思い出すハンナ・アーレントは、その二面性をごく普通の人々の内にある狂暴さとして読み解いて見せた。フクスのこの作品もアーレントの著作と同じような文脈に置かれて然るべきなのかも知れない。だがここには、普通の人々の持つ二面性からは遥かに逸脱した狂気がある。

    例えば狂言回しのように主人公の行く先々に現れる夫婦。次第に彼らの存在は現実なのか、あるいは主人公であるコップフルキングル氏の想像に過ぎないのかが不確かとなり、存在自体が怪しくなる。更に想像を膨らませれば、この架空の夫婦の交わす会話こそが現実のコップフルキングル氏と妻との間で交わされた会話であって、コップフルキングル氏の独白の方が想像の会話であるかのようにも読めてくる。恐怖の速度が一段加速する。体制に取り込まれてしまった我が身の悲運を嘆きつつ、コップフルキングル氏は徐々に狂気のみが為せる行為に身を委ねてしまう。チベット仏教の教えもその奇跡も、救いとは結びつかない。そして火葬場が主人公に与える最終的解決の手段。ユダヤ人の悲劇を巡るメタファーが否応無く喚起される。

    しかし如何に恐怖に支配される読書であったとしても、ここには何か大事なメッセージがある、その思いだけは頁を繰る毎に強くなる。他人のふりをし続けても、目の前を過ぎて行った小さな災いは、雪だるま式に大きくなって返ってくる。自分は加害者ではない思っていたとしても、何処かで自分の行為の後始末を付けている人は必ずいる。その因果応報的世界観を現代人はどれ程過去から学び現在進行形の歴史の中で共有しているだろう。望むらくは自分の後始末くらい自分で付けたいものだと思う。

  • 空虚な笑顔から浮かび上がる恐怖、汚れなき善意に潜む恐怖―本作の持つイメージを言語化するならそんな感じだろうか。火葬場に努めるコッペルキング氏の持つ哲学や仕事への熱意、家族への愛情は決して変貌した訳ではない。彼の持つユダヤ人への眼差しはナチスの台頭以後もコインの表裏が入れ替わっただけであり、それは彼の善意が終始空虚さに包まれていたことの証左でもある。だが、このような空虚な善意は誰しも日常で触れ得るものではないのか。これは狂気ではない、断じて正気の物語なのだ。そう、凡庸な幸福は、こんなにも悪のすぐそばにある。

  • 独特な重苦しい雰囲気をたたえて、狂気に染まっていく、平凡な弱い人間を描く。ナチスの頃の時代背景と火葬場という特殊な状況設定もあり、ジワーッと恐怖が染み込んでくる。救いのない感じ。こんな世界にしちゃいけないと強く思う。

  • ワカラーン。最後に焼かれたモルヒネ中毒者はコップフルキングルさんなの?メタファーが解けないで不完全燃焼…。

  • 善良な市民の皮を被った独善が導くもの。

  • 火葬場で働く主人公がナチスの影響を受け、それまでの見方を180度変えてしまう話。凡庸で善良に思えた主人公の人当りや語り口が最初から最後まで穏やかなまま、思考と行動だけが変貌していくという展開は、表面が静かなだけにおぞましさがいや増す。表紙を含め随所に染みわたっている死の臭いと灰の色をも踏み越える彼の「選択」には、もう震えるしかない。

  • ユライ・ヘルツが1969年映画化している。絶対に面白い筈(表紙にはルドルフ・フルシンスキーが!!)。。。

    松籟社のPR
    「ナチスドイツの影が迫る1930年代のプラハ。葬儀場に勤める火葬人コップフルキングルは、妻と娘、息子にかこまれ、幸せな生活を送っている。しかしその平穏な日常は、時代状況や親ナチスの友人の影響を受けながら、次第にグロテスクに変質していく……」

全14件中 1 - 14件を表示

火葬人 (東欧の想像力)に関連する談話室の質問

火葬人 (東欧の想像力)に関連するまとめ

火葬人 (東欧の想像力)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火葬人 (東欧の想像力)の作品紹介

ナチスドイツの影が迫る1930年代のプラハ。葬儀場に勤める火葬人コップフルキングルは、妻と娘、息子にかこまれ、幸せな生活を送っている。しかしその平穏な日常は、時代状況や親ナチスの友人の影響を受けながら、次第にグロテスクに変質していく……

ツイートする