剃髪式 (フラバル・コレクション)

  • 47人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 阿部 賢一 
  • 松籟社 (2014年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879843272

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロベルト ボラー...
伊藤 計劃
エイモス・チュツ...
ウラジーミル ナ...
ジョン・ウィリア...
リディア・デイヴ...
イタロ カルヴィ...
サルバドール プ...
ミシェル ウエル...
J.L. ボルヘ...
ジャック・ケルア...
リチャード ブロ...
ウラジーミル ナ...
ハーマン・メルヴ...
有効な右矢印 無効な右矢印

剃髪式 (フラバル・コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次作あり

  • フラバルの母マリシュカを語り手にし、夫フランツィンとの結婚生活を描いている。途中参入してくるペピンおじさんもいいキャラクター。
    マリシュカのチャーミングな性格も、夫とのラブラブぶりも、とても素敵だった。
    どのエピソードもおもしろく、頬を緩ませながら読み通すことができ、閉じる頃にはほっこりした。

  • 短縮することの寓話

  • ランプの美しい描写から始まりとても色彩が豊かな小説。ふわふわ、きらきら、ゆらゆら、さらさら、流れるような浮くような飛ぶような美しい描写にうっとりした。主人公のマリシェンカの天真爛漫さ。細やかな夫フランツェン。フランツェンの兄ヨゼフ(ペピン、ヨシュコ、ヨジンと沢山愛称があるw)の奔放でとめどないおしゃべりと楽しい暮らしを一緒に過ごしたような気がした。広場で溺れるエピソードが好き。マリシェンカの金髪はチェコビールのよう。美味しいビールを飲んだような幸福な小説だった。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“コンクラーベ”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/41.html


    下北沢B&Bの黒川安莉さんが、渡辺徹さんへ向けてプレゼンした1冊。
    『渡辺徹さんといえば太陽にほえろ!のラガー、ラガーといえばビール、ビールといえば下北沢B&B…(中略)…榊原郁恵さんのような快活な女房が出てくるのですが…』と半ば強引なプレゼンだった黒川さん。

    残念ながら、結果は惜敗!渡辺徹さんの今読みたい本には選ばれませんでした。。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 公開シンポジウム「ボフミル・フラバル生誕百周年記念シンポジウム」 | 立教大学
    中欧を代表するチェコの作家ボフミル・フラバルが生誕百周年を迎えるにあたり、フラバル原作の映画を上映するとともに、作家、翻訳家、批評家がそれぞれの視点からフラバル文学の魅力を議論する。※使用言語:日本語、チェコ語(通訳あり)。
    日時 2014年3月29日(土)13:30~18:00
    場所 池袋キャンパス 7号館1階 7101教室
    http://www.rikkyo.ac.jp/events/2014/03/14109/

    松籟社のPR
    「ボヘミア地方ヌィンブルクのビール醸造所を舞台に、建国間もないチェコスロヴァキアの「新しい」生活を、一読したら忘れられない魅力的な登場人物たちに託していきいきと描き出す。
    「ビール醸造所で育った」作家が自身の母親を語り手に設定して書き上げた意欲作。」

全6件中 1 - 6件を表示

剃髪式 (フラバル・コレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

剃髪式 (フラバル・コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

剃髪式 (フラバル・コレクション)の作品紹介

ボヘミア地方ヌィンブルクのビール醸造所を舞台に、建国間もないチェコスロヴァキアの「新しい」生活を、
一読したら忘れられない魅力的な登場人物たちに託していきいきと描き出す。
「ビール醸造所で育った」作家が自身の母親を語り手に設定して書き上げた意欲作。

ツイートする