地球はまあるい

  • 24人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 岡崎 乾二郎  浜田 洋子  ぱく きょんみ 
  • 書肆山田 (2005年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879951489

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード ブロ...
カート ヴォネガ...
ブルース チャト...
アーネスト ヘミ...
佐藤 和歌子
ヴィクトール・E...
村上 春樹
ガブリエル ガル...
マリオ バルガス...
有効な右矢印 無効な右矢印

地球はまあるいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  主人公はローズという少女。<あたし名前がローズじゃなかったらあたしはローズだったかしら>と考えるローズ。著者のガートルード・スタイン(1874-1946)はアメリカのユダヤ系女性詩人、小説家。ヘミングウェイなど、当時、第1次世界大戦を体験した若者に共通してあった、喪失感や迷いの世代感覚に「失われた世代」と名づけたのもこのガートルード・スタインだったそう。少女の頭のなかを覗いて書いたみたいな文章は、生まれたての言葉みたいに、いきいきしている。そして、ほんとうに単純なフレーズの連なりからできているこの文章には、世界と自分自身とのつながりみたいなものを考えるような、深い深い意味が含まれていることも、感じるのです。岡崎乾二郎による挿絵も素敵。読み始める前も、読み終わった後も、なにかが起こっても、今のところ、地球はちゃんとまあるいまま。そんなような本です。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする