日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮本憲一
  • 自治体研究社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880374352

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)の感想・レビュー・書評

  • 展示期間終了後の配架場所は、1階 学士力支援図書コーナー 請求記号:318//Mi77

  • 図書館で借りた。

    地方自治の歴史を明治から三位一体まで解説している。

    大正デモクラシーは歴史の授業で習ったときには、本当に一部の人だけが騒いだようにしか感じなかったが、実際は違うことを知れた。
    小作人と労働者が議員定数の1/2以上を占めた議会が全国で60も生まれていたり、地租と営業税を国税から地方税に移せと言っていたり、長野事件で知事公選を求めたり、などがあった。

    明治からの事例をつなげながら現代まで説明しているので、お話を読んでいる気分になるし、何がどうつながっているのかが少し分かった気になる。

    「都市経営の革新」(1924年、岡実)に国税から地方税に移譲したら、いかに社会にプラスかという主張があるようで、読んでみたい。

全2件中 1 - 2件を表示

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)の作品紹介

明治から「分権改革」までの地方自治史。

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)はこんな本です

日本の地方自治 その歴史と未来 (現代自治選書)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする