天と地の間

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 草間彌生
  • 而立書房 (1988年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880591179

天と地の間の感想・レビュー・書評

  • 『女の園』、『天と地の間』の2篇収録。どちらの主人公も、少女期に於ける性の暴力によって父親を憎悪し、男根を嫌悪している。『女の園』の主人公リリコは少女の頃父親に性的虐待をされているレズビアン。最後はリリコを好きな男に膣を拳銃という模擬男根によって貫かれて死んでしまう。引っ越し泥棒を生業にしているのだが、バルテュスの家の引っ越しを手伝い、バルテュスの作品を盗み出し、その絵を部屋に置いているのだが、股をしどけなく拡げたバルテュスの絵画の少女達が息づいて動き出す描写が幻想的。

全1件中 1 - 1件を表示

天と地の間はこんな本です

ツイートする