見よ、飛行機の高く飛べるを

  • 20人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 永井愛
  • 而立書房 (1998年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880592572

見よ、飛行機の高く飛べるをの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台を観に行く前にテクストを読みました。明治時代の女子師範学校を舞台にした女学生たちの反乱と敗北と飛翔の物語です。未だ封建の名残がある男尊女卑の世情、女学生は男と一対一で話してはならない、良妻賢母であるべきとの教育に立ち向かう女学生たち。まだ見ぬ飛行機のように、女性の自立と新しい時代に向け、高く高く飛び立っていく。

  • 卒業公演で上演しました。

    敗北の物語、それでもなお立ち上がろうとする物語。
    少女たちはなんて脆くて強くて悲しくて美しいんだろう。
    わたしも飛行機のように高く高く飛んでいきたい。

  • 男性との一対一の会話禁止、発覚したら退学。
    「質実剛健」から「温順貞淑」へと校則の変更。
    「青鞜」が出版された時代の女子師範学校の生徒たちの、女性としての生き方を問い直す群像劇。

    おきゃんで生意気な女学生の熱意が胸に迫る。
    教師の裏切り、同士の撤退・・・そんな現実のなかで初江の決意が痛々しいまでに美しい。
    彼女の希望に対する信頼の強さに圧倒される。

    私は、「女学生」の系譜に連なれたことを心から誇りに思う。

  • あー、これがドラマなんだなー、頭で考えることよりも、理想よりも、理屈よりも感情なんだなー、人間が動くのは。見えない飛行機に乾杯。

全4件中 1 - 4件を表示

見よ、飛行機の高く飛べるをはこんな本です

ツイートする