映画がなければ生きていけない 2003‐2006

  • 16人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 十河進
  • 水曜社 (2006年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880651842

映画がなければ生きていけない 2003‐2006の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前から気になっていたのだけれど、そのボリュームに圧倒されて読めずにいた一冊。少しずつ読み進め、ようやく読了。映画や本の話題を通して、著者が読み手に伝えたいのは「自分はいかにして生きるか」ということ。それが見ていない、あるいは読んでいない作品だとしても、このエッセイは最後まで読ませます。

    再読。最近、CSで古い邦画や洋画を観るようになってきたのは、この本の影響もあると思う。

全1件中 1 - 1件を表示

映画がなければ生きていけない 2003‐2006を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

映画がなければ生きていけない 2003‐2006を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

映画がなければ生きていけない 2003‐2006を本棚に「積読」で登録しているひと

映画がなければ生きていけない 2003‐2006の作品紹介

1999年から現在まで続くメールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」に連載中の
人気コラム「映画と夜と音楽と…」単行本化。本書に先だって記念品として作られた500部限定本はたちまち完売するほどファンは多い。その魅力を本書解説の映像作家かわなかのぶひろ氏はこう書いている。〈人生は困難なものだ。だが希望を失うな。諦めるな。そう感じさせてくれる映画を、あくまで僕は支持したい」という「僕」の矜持は、本書のどの頁からも熟成されたウィスキーのような滋味と芳香をともなって漂ってくる。読む側をじんわりと幸せな気分に誘ってくれるのである〉。
あの名場面、あのセリフに人生を重ねる味わい深い文章が胸に響く。
どんなガイド本よりも映画が観たくなる一冊だ。

映画がなければ生きていけない 2003‐2006はこんな本です

ツイートする