BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章

  • 18人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 箕口 一美 
  • 水曜社 (2008年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880652108

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章の感想・レビュー・書評

  • 音楽家向けのプロデュース・マネージメントをどのようにやっていけば良いかが、さまざまな音楽活動の事例とともに詳細に解説されている本です。結構具体的な方法があげられていて、作品や活動を売り込むための本格的な方法が、12の章に分けられてまとめられています。それぞれの章はどこから読んでも良い感じです。
    本気で音楽活動で食べていきたいと考えている人にとっては、とても為になる本だと思います。また、クリエイティブな活動であれば音楽以外の人にとっても、置き換えて読むことができると思います。

  • 少し歩いてまたここに戻ってこよう。

  • 具体的な「ミュージシャン」としての、仕事の仕方が書いてある。
    契約書のサンプル、営業の仕方、まずは何をすべきか、などなど。

    いわゆる皆が憧れる「アーティスト」や「ロックスター」だけが、
    音楽の仕事ではないんだよ、と本書は優しく伝えている。

    また音楽の仕事というものは、音楽を奏でるだけが仕事ではないのだということも一貫して説いている。
    つまり退屈で面倒な作業も全てやって、やっと仕事になるのだと。

    恐らくこの本を読み通せる人は、それなりの熱意をもっている方だと思われる。
    逆にこの本を最後まで読み通せない人は、
    天才であったり、既に実績があればよいが、そうでなければ新たに自営ミュージシャンになることは難しいのではないかと思われる。


    (個人的な思い)
    1990年〜2000年初頭にあれだけ溢れたミュージシャン達。
    一度飽和した音楽達は、需要に負けてクオリティチェックが甘くなっていた。そんな微妙なミュージシャンが「アーティスト」としてちやほやされる時代はもう終わった。まだそれにすがっている人は、もうチャンスはやってこないと思った方がいい。

    最初のリハーサルでは曲を覚えて予習をし、バッチリの状態にしておく。極めて当たり前のことで、一般企業で言えば初回のミーティングまでにある程度クライアントのことを学んでおく、というだけの話だが
    これを実践できている自称ミュージシャンはどれくらいいるのだろうか。(もちろんバッチリ仕上げていくプロの人達のことは知っている。)

    ミュージシャンとして音楽職人の道を自分で拓いていくことは、
    独立起業、店の開店などに等しい。
    自分の能力を証明し、自己のブランディングを確立し、
    自分が社会に必要なものだと示し、それを伝えなくてはいけない。

    人が勝手にマネジメントしてくれるのは、もはや一部の天才だけだ。
    はたしてその才能がある人が今の時代にどれくらいいるのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章を本棚に登録しているひと

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章を本棚に「積読」で登録しているひと

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章の作品紹介

成功した音楽家とそうでない音楽家の違いは何だと思う?
私たちは、成功できなかったたくさんの才能あふれる天才音楽家を見てきました。
音楽家が成功に至る、典型的「キャリアの道」はありません成功を収めた音楽家は、自分で自分の「キャリアの道」を仕立てています。
ちゃんと聞いてもらいたければ、お金を貰って演奏したければ、そこに至る過程についての知識を得なければならないのです。
結局、あなたの人生、あなたの幸福なんですから、この問題はあなたが取り組む「ビジネス」なのです。(本書より)
この本には才能を成功に結びつけるために必要なことが書いてあります。
音楽家がどのように成功したかについての具体的な情報や説明を盛り込み、さらにニューイングランド音楽院の教師や卒業生
キャリア戦略専門家たちが蓄積してきた知識をまとめました。
各章は、それぞれのテーマに即した実話で構成。できる限り、手順を追って説明。長期及び短期目標を立て、目標達成のための手順。
演奏機会を得るための方法、あるいはそれを宣伝するための細かい手段、ファンを獲得していくためにはどうしたら良いか。
さらに資金集めの方法、助成金申請の仕方、人間関係のつくり方、CDの売り込み、必要な宣伝資料や顧客名簿のつくり方について解説しています。
音楽家たちがキャリアの途上で行ってきた問題の解決方法の実例を紹介しながら、才能のある音楽家を成功に導くための一冊です。

BEYOND TALENT(ビヨンド タレント) 日本語版 音楽家を成功に導く12章はこんな本です

ツイートする